早春の京都 東山花灯路と「京の冬の旅」特別公開の寺院

(京都駅IN~京都駅OUT 京都市内1泊2日 3月中旬におすすめ)

早春の京都で、貴重な絵画が特別公開されている寺院をめぐる観光プランです。初日はお庭が素敵な東福寺の本坊庭園と即宗院、そして行燈の灯りが石畳の道を彩る東山花灯路を散策します。翌日は相国寺と北野天満宮の梅苑で梅の花を愛で、落ち着いた雰囲気の京都を楽しみます。 続きを読む

お気に入り
新幹線

 

この観光プランのおすすめポイント

第53回 京の冬の旅

第53回「京の冬の旅」のテーマは「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」。
「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」をテーマに寺院において、通常非公開の文化財を特別公開します。
智積院では長谷川等伯の襖絵「楓図」(国宝)、妙心寺 天球院では狩野山楽と山雪の障壁画「竹虎図」や「梅に遊禽図(ゆうきんず)」などの貴重な作品が見られます。
冬ならではの落ち着いた雰囲気の京都を訪れ、障壁画や庭園、仏像など、ふだん見ることができない文化財をゆったりと眺めてみませんか。
公開期間 2019年1月10日(木)~3月18日(月)
「京の冬の旅」の詳しい情報はこちら

モダンで斬新なデザインの東福寺本坊庭園

東福寺は、通天橋の紅葉が有名ですが、本坊庭園のお庭も一見の価値があります。
本坊庭園とは、大方丈の建物の四方に広がる個性的な庭園で、昭和14年に作庭家 重森三玲によってつくられました。
四方向に作られた庭園にはそれぞれテーマがあり、東庭が「北斗七星」、南庭には四つの神仙島、京都五山、須弥山が表現されています。
西と北の庭は市松模様のデザインで統一され、西庭は井田を表した大市松模様、北庭が苔と板石による小市松となっています。
北斗七星、蓬莱、瀛洲、壺梁、方丈、京都五山、須弥山、市松の八つの意匠を盛り込み、これが釈迦の入滅を表す「釈迦八相成道」にもあたることから、「八相の庭」と名付けらました。
従来の日本庭園には無いモダンで斬新なデザインに配置された苔と石のコントラストがとても印象的です。
東福寺本坊庭園のホームページはこちら

東福寺秘蔵の障壁画や貴重な仏像、一挙公開

特別公開の光明宝殿では、狩野派の絵師・渡辺了慶(わたなべりょうけい)筆と伝わる「柳松遊禽(ゆうきん)図」「桜梅遊禽図」「籬(まがき)秋草図」(いずれも重文)など、装飾的な構成で四季や自然を描いた美しい金碧障壁画が展示されます。
また、かつて三門(国宝)に安置されていた像高約3.4mの巨大「二天(にてん)像」(重文)や、伝運慶作の金剛力士像(重文)など、東福寺に伝わる仏像の数々も特別公開されます。

kyoto_kodaiji3秀吉の正室ねねのお寺

高台寺は円山公園から清水寺に向かう途中にあります。豊臣秀吉が亡くなった後、その菩提を弔うために北政所(ねね、出家して高台院湖月尼と号す)が慶長11年(1606)に創建し、生涯を過ごしたお寺です。造営に際して、徳川家康からの多大な援助があったといわれています。

秀吉と北政所を「霊屋(おたまや)」に祀り、北政所像の下はその墓所となっています。須弥壇(しゅみだん)と厨子は華麗な蒔絵装飾が施され、桃山美術を代表する「高台寺蒔絵」として有名です。
高台寺のホームページはこちら

kiyomizudera_winter何度訪れても新鮮な「清水の舞台」

八坂神社から円山公園を抜けてゆるゆると坂を上っていくと、京都を代表する寺院、清水寺に到着します。
「清水の舞台から飛び降りる」の語源となった本堂の舞台は何回訪れても「あゝ、京都に来たな」という感動を与えてくれます。
平成6年(1994)にユネスコ世界文化遺産「古都京都の文化財」のひとつとして登録されました。

kyoto_higashiyama_hanatoro2京都 東山花灯路

東山花灯路は、京都の早春の風物詩。八坂神社から清水寺に向かう参道に露地行燈やいけばなが並べられ、石畳の道を彩ります。
約2500基のLED電球を使用した露地行灯などの「灯り」とボリューム感のあるいけばな作品の「花」が、思わず歩きたくなるような佇まいの路を創出します。
しっとりと落ち着いた雰囲気の東山界隈をそぞろ歩いてみましょう。
higashiyama_hanatoro3higashiyama_hanatoro4期間中は清水寺も21:00までライトアップされた境内を拝観できます!
開催期間 2019年3月8日(金)~3月17日(日)
点灯時間 18:00~21:30
東山花灯路の詳しい情報はこちら
 

朝鮮通信使ゆかりの寺

相国寺は、室町幕府三代将軍の足利義満により創建された、臨済宗相国寺派の大本山です。
慈照院は塔頭寺院で、足利八代将軍義政や桂宮家の菩提所(ぼだいしょ)です。
今回は、2017年11月に「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコ世界記憶遺産に登録されたことを記念して、慈照院の僧に通信使が贈った巻物「韓客詞章(かんきゃくししょう)」ほか書画類が特別展示されます。

同じ相国寺の林光院には、紀貫之の娘の逸話で有名な「鶯宿梅(おうしゅくばい)」があり、こちらも見どころです。
鶯宿梅は、例年3月上旬~下旬に開花し、36枚ある花弁の色が徐々に真紅から淡紅、純白に変わっていきます。

kitanotenmangu_ume1「学問の神様」を祀る北野天満宮

北野天満宮(きたのてんまんぐう)は梅で有名な京都の神社です。
菅原道真公を お祀りした神社の宗祀であり、「天神さん」と呼ばれ、親しまれています。
特に学問の神様としての信仰が厚く、合格祈願の受験生が参拝に訪れます。
境内には50種約1,500本の梅があり、2月~3月の開花時期には約2万坪の境内一円で紅白の梅が咲き競います。

北山文化を象徴する世界文化遺産

金閣寺(正式名称:鹿苑寺)は、室町幕府三代将軍の足利義満が西園寺公経から譲り受けた別荘を邸宅にしたのが始まりです。
漆塗りに金箔を張った金閣は、1950年に全焼しましたが、1955年にほぼ焼失前の状態に再建されました。
金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現したもので、義満の死後、遺言により禅寺となりました。
1994年12月、「古都京都の文化財」として世界文化遺産に登録されました。

おすすめのホテル

烏丸通り沿いまたは京都駅前のホテルに泊まります。

るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。

京都東急ホテル

端正な竹林と水にあふれた中庭がお客様をお迎えし京都ならではの雅な滞在を演出。京都駅八条口から無料シャトルバスがあります。
rurubu jalan

京都新阪急ホテル

京都駅から地下道で直結。JR・新幹線はもちろん、定期観光バス・市バス・地下鉄乗り場へ歩いてすぐの便利な立地のホテルです。モデレートルームは和の雰囲気のお部屋も。
rurubu jalan

ホテルギンモンド京都

地下鉄烏丸御池駅から徒歩2分。京の中心に位置し、御池通に面した観光・ビジネスに都心の便利さが満喫できるホテルです。
rurubu jalan

京都駅周辺のその他 宿泊情報はこちら
るるぶトラベルでさがす じゃらんでさがす

お得な旅行の組み立て方

新幹線(往復)+宿泊のプランから探しましょう。

【KNT】限定列車で行くはんなり京都
WEB掲載限定のお得なJR新幹線+宿セットプラン
第53回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開 拝観引換券(1か所)付
地下鉄・バス一日券引換券
井筒八ツ橋本舗お買物券付
詳しい情報とお申し込みはこちら

京都定期観光バスの特別コースでラクラク拝観
京の冬の旅キャンペーンに合わせて、定期観光バスが特別公開のお寺や京料理のお店などをめぐる特別コースを用意しています。
詳しい情報はこちら

2019年1月5日