四国の名湯で寛ぐ「道後温泉」と瀬戸内しまなみ海道 2日間 tour hot_spring

(このツアーの募集は終了しました)

道後温泉に泊まり、瀬戸内しまなみ海道をANAバスでめぐるツアーに参加します。初日は松山城を観光して道後温泉本館でゆったり温泉を満喫。翌日は、今治から村上海賊ゆかりの「大島」に渡り、村上水軍博物館と絶景スポットとして知られる「亀老山展望公園」を訪ねます。 続きを読む

お気に入り
バス 飛行機

 

この観光プランのおすすめポイント

道後 麦酒館 (どうごびーるかん)

道後温泉本館の向かいにある「道後 麦酒館」では、ブルワリー直送の道後ビールと名物の鯛めしが味わえます。
「宇和島風 鯛めし」は、ご飯の上に、プリプリの鯛の切り身と卵の黄身、きざみ海苔が載っています。
特製のタレを掛けていただきます。 
そのほか、伊予地鶏の唐揚げ「せんざんき」や串焼き、じゃこ天など、地元素材のおつまみも充実しています。
道後 麦酒館の詳しい情報はこちら

松山市の中心部にそびえる松山城

松山市の中心部、勝山(標高132m)にそびえ立つ松山城は、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦で有名な七本槍の1人、加藤嘉明が築き始めたお城です。
門・櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れた連立式天守を構えた平山城と言われております。
松山城は、日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつ、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つです。平成18年に「日本100名城」、平成19年には道後温泉とともに「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。
松山城のホームページから引用
松山城へは、路面電車を「大街道」駅で下車し、お土産屋さんが並ぶ通りを東雲口まで歩いて、ロープウェイまたはリフトで長者ヶ平まで上ります。

道後温泉別館「飛鳥あすか乃の湯泉」

新しい日帰り温泉施設、道後温泉別館「飛鳥あすか乃の湯泉」は、開放的な大浴場と、道後温泉本館には無い露天風呂や皇室専用浴室の又新殿ゆうしんでんを再現した特別浴室を備えています。
昔の浴衣よくい「湯帳ゆちょう」を着ての入浴体験もできます。
また、道後温泉本館と同じく、加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができます。
さらに、約60畳の休憩室、個室5室を設え、道後温泉ならではの「おもてなし」の給茶サービスも提供されます。
道後温泉別館 飛鳥あすか乃の湯泉の詳しい情報はこちら
道後温泉本館は、休憩室がある2階以上は休館し、1階神の湯で営業しながら保存修理工事に入っています。
道後温泉本館の詳しい情報はこちら

瀬戸内海の島々を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60kmの瀬戸内しまなみ海道は、瀬戸内海に浮かぶ島々を7つの橋で結ぶハイウェイです。
途中には、美しい瀬戸内海の島々を一望できる絶景スポットがいくつもあり、地元グルメを楽しんだり、風光明媚な景色を楽しみながら、島めぐりができます。
ANA誘遊四国バスは、今治から村上海賊ゆかりの「大島」に渡り、村上水軍博物館と絶景スポットとして知られる「亀老山展望公園」を訪ねます。
亀老山展望公園の展望台ブリッジからは、世界初三連吊橋「来島海峡大橋」と日本三大急潮のひとつ「来島海峡」の雄大な景色が望めます。

村上水軍博物館

瀬戸内を制した戦国最強の村上海賊。
村上水軍博物館では、戦国時代に海の大名と呼ばれ、海の難所である芸予諸島で海原を自在に駆けめぐった村上水軍について学ぶことができます。
展望室からは、村上海賊の本拠地の一つであり、小説「村上海賊の娘」の舞台となった能島城跡が望めます。
瀬戸内しまなみ海道の詳しい情報はこちら

おすすめのホテル

この観光プランの宿泊地は、道後温泉です。

道後温泉 ホテルルナパーク
道後温泉本館まで徒歩1分の好立地。自慢のお風呂は、奥道後から引き湯をしています。また、展望露天風呂には五右衛門風呂があります!

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
jalan

道後グランドホテル
旬味満載のお膳、お寛ぎ頂ける空間、「一期一会」のおもてなしを大切にしています。また、ご宿泊のお客様はドーム型岩盤浴ベッドが利用できます。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
jalan

道後温泉 ホテル椿館
明治の洋館を思わせる造り、坊っちゃん・マドンナの衣装を着たスタッフがお出迎えします。3階までの吹き抜けのロビーと庭園付き露天風呂が自慢です。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
jalan

お得な旅行の組み立て方

【クラブツーリズム】『四国の名湯で寛ぐ 道後温泉と瀬戸内しまなみ海道2日間』に参加します。
12月~3月の特定日に出発 29,900円~47,900円


※この観光プランは、上記ツアーに参加した場合に想定される行程をプランにしてご紹介しています。
ツアーの内容は、クラブツーリズムのサイトでご確認ください。

この観光プランに似ているツアー旅行商品(東京発クラブツーリズム)



2019年3月28日