ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾートにステイする沖縄の旅

(恩納村 ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート2泊3日)

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾートは、ビーチを臨むリゾートホテル。ホテルモントレならではのアンティーク家具やアートワークが映えるシックなお部屋は落ち着いた雰囲気で、海に向かって配置されたベッドレイアウトや広いバルコニーが、心地良いリゾートステイを約束します。 続きを読む

お気に入り
レンタカー 飛行機

 

この観光プランのおすすめポイント

切り立ったサンゴ礁の台地「万座毛」

沖縄本島北部の恩納村にある万座毛(まんざもう)は、切り立ったサンゴ礁の芝生台地です。
琉球王朝時代、尚敬王が「万人を座するに足る」と賞賛したことが名の由来と言われています。
岬の先端に立つとコバルトブルーの海が広がり、打ち寄せる波が岩に砕け散って、眼下には白い波の花が咲いているのが見えます。

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾートは、沖縄有数の天然のビーチ「タイガービーチ」を臨むリゾートホテルです。
ホテルモントレならではのアンティーク家具やアートワークが映えるシックなお部屋は落ち着いた雰囲気で、海に向かって配置されたベッドレイアウトや広いバルコニーが、心地良いリゾートステイを約束します。

レストランは、多彩な種類の料理をビュッフェスタイルで楽しめる「シーフォレスト」、洋食レストラン「エスカーレ」、鉄板焼「神戸」、島野菜・近海の魚介類・県産島豚など沖縄の食材をふんだんに使った体にやさしい和琉会席を提供する「隨縁亭」があります。
ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾートのホームページはこちら

churaumi_suizokukan3ダイナミックな沖縄の海が目の前に!

沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館は、沖縄北部の海洋博公園にある人気スポットです。「沖縄の海との出会い」をテーマに、サンゴ礁の浅瀬から深海まで沖縄の海を体感できる世界最大級の水族館です。
見どころは、ジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ「黒潮の海」(写真)。この巨大水槽のアクリルパネルは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm もあります。全長8mものジンベエザメが、たくさんの魚たちを連れて目の前を泳ぐ姿は感動的です。

「黒潮の海」の大水槽前では、1日4回の水槽解説があり、ジンベエザメや他の魚たちについて紹介してくれます。
また、15時と17時はジンベエザメの餌やりタイムで、ジンベエザメがカラダを垂直にして水面近くの餌を飲み込む姿を見ることができます。
沖縄美ら海水族館のホームページはこちら

昔ながらの沖縄の風景が残るフクギ並木

備瀬のフクギ並木は、沖縄美ら海水族館から車で約5分ほど、伊江島を臨む備瀬の海岸線沿いにあります。
約2万本のフクギの木がトンネルのように立ち並び、集落を広く覆っています。
古いものだと樹齢300年以上、フクギは防風林の役割を果たし、台風から集落を守り続けてきました。
時間がゆっくりと流れているかのように感じる「備瀬のフクギ並木」は、普段都会であわただしい日々を過ごしている人を優しく迎えてくれる、癒しに満ちた空間。
フクギ並木には散策のための順路がありますが、実は順路から少し外れるとさらに綺麗な海を望むことができます。
海に出るとそこに広がるのはまさに絶景。
エメラルド色の海と、その先には伊江島が望め、海沿いの散策路を進むことができます。
海沿いの散策路は、水族館近くのエメラルドビーチ脇から集落奥の備瀬崎までつながっています。
エメラルド色の海を見ながら往来できる木漏れ日の散策路で、その途中には休憩できるベンチもあります。

フクギ並木の代表的なカフェといえば、「cafe CAHAYA BULAN」。
さわやかなウッドデッキ席からは、エメラルドグリーンの水平線と伊江島を眺めることができます。
メニューは沖縄ならではのフルーツを使ったスムージーや、アジアンティーなど。
お散歩を楽しんだ後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

チャハヤブラン
沖縄県国頭郡本部町備瀬429-1
営業時間 12:00〜ラストオーダーは日没
定休日 水・木曜日(7から9月は水曜のみ)
tel 0980(51)6565

okinawa_kajinhou2本部のカフェでランチ

本部(もとぶ)エリアには、海が一望できる眺めのよいカフェや森の中のカフェがいくつかあります。
沖縄の自然豊かな風景に身を置いて、リゾート気分でのんびり過ごせます。
※写真はピザ喫茶「花人逢(かじんほう) 」人気の店です。
沖縄県国頭郡本部町字山里1153-2
営業時間 11:30~19:00 定休日 火曜日・水曜日
tel 0980(47)5537

嵐のCMロケ地がある「恋の島」

古宇利島は、沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。
2005年に古宇利大橋が開通し、車で行ける離島となりました。島や大橋からは、見渡す限り透き通るように青い海が広がる絶景が見られます。
島の奥には、嵐のJALのCMロケ地となったティーヌ浜があります。ハート型の岩があることからハートロックビーチと言われることもあり、とても美しいビーチです。

古宇利島を訪れるツアーもありますが、ティーヌ浜は大勢が行けるような道も整備されていないし、観光バスではそこまで連れて行く時間もありません。レンタカーでやってきた人のみが、ゆっくり訪ねることができる場所です。
古宇利島の詳しい情報はこちら
ティーヌ浜のハートロックの情報はこちら
古宇利島の詳しい情報はこちら

パイナップルのテーマパーク

ナゴパイナップルパークでは、全自動カートのパイナップル号に乗ってパイナップル畑や熱帯の植物を見学します。
ヤシ並木やとっくりヤシのトンネル、パイナップルの仲間の不思議な花アナナス、ヘゴのジャングルなどトロピカルムードいっぱいの園内をめぐりましょう。
試食・試飲コーナーでは、パイナップルが食べ放題!
パイナップルで作ったパイナップルワインやジュースの試飲ができます。

shurijo_seiden琉球王朝の歴史と文化を象徴する城

首里城は、1429年に成立し450年続いた琉球王国の国王とその家族が暮らす「王宮」であると同時に、王国統治の行政機関「首里王府」の本部でもあり、たくさんの官吏が働いていました。
第二次世界大戦で焼失しましたが、1992年に首里城正殿を復元。復元は今も進められていて、2014年1月には、黄金御殿(くがにうどぅん)・寄満(ゆいんち)・近習詰所(きんじゅうつめしょ)、奥書院(おくしょいん)といった施設がオープンしています。

naha_yachimundori散策にぴったりの焼き物のお店が集まる通り

「やちむん」とは焼き物のこと。壺屋やちむん通りは壺屋焼のお店や工房が立ち並ぶ風情ある通りで、琉球ガラスやかわいい絵柄を施した器を扱う雑貨屋さん、焼き物を使ったカフェなどが点在しているので、お買いものや散策にぴったり。

第一牧志公設市場からさらに国際通りと反対方向に10分ほど歩いたところにあります。

おすすめのホテル

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾートに泊まります
るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート
2013年6月に開業のホテル。目の前には天然ビーチ「タイガービーチ」が広がり、温泉を引いたスパ施設や沖縄では希少な波打つプールが人気のホテルです。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
rurubu jalan

お得な旅行の組み立て方

往復の航空券とホテル・宿がセットになった旅行商品を申し込みます。

【HIS首都圏/関西発】ホテルモントレ沖縄スパ&リゾートに泊まるツアー
首都圏発はこちら↓↓↓

関西発はこちら

【JAL】スーパーバーゲン沖縄・離島
お得な価格でホテルも自由に選べます。↓↓↓

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾートの料金をダイナミックパッケージで検索
出発7日前までの購入がお得になります。ご出発日の20日前からはキャンセル料が発生します。

お得なクーポンをGET!じゃらんパック↓

楽天スーパーポイントが貯まる!楽パック↓

LCCジェットスターの航空券とホテル・宿がセットになったプランで
東京は成田空港から、大阪は関西空港から利用できます。
往路:那覇空港、復路:那覇空港、本島北部の宿泊2泊~ で検索してください。
出発3日前まで購入できます。こちらから↓↓↓

【HIS】エイチ・アイ・エスのLCCツアー
首都圏発はこちら↓↓↓

関西発は こちら 中部発はこちら

ご出発日の20日前からはキャンセル料が発生します。

レンタカーを借りましょう。
那覇空港で借りて那覇空港で返却します(3日目)
一括比較サイトで予約↓↓↓ 支払いは当日出発時に!

2019年1月17日