観光列車「海里」に乗る 日本海クルージングの旅(鶴岡→新潟)

(【成田発】庄内空港IN~長岡駅OUT 新潟1泊2日)

2019年10月から新潟~酒田間で運行を開始した新たな観光列車「海里」に乗車する観光プランです。まずは成田からLCCジェットスターで庄内空港へ。レストラントレイン「海里」に乗って鶴岡から新潟に向かいます。新潟ではお寿司と日本酒を、翌日には長岡でお蕎麦をいただきます♪ 続きを読む

お気に入り
新幹線 鉄道 飛行機

 

この観光プランのおすすめポイント

JR東日本の新しい観光列車「海里」

観光列車「海里(かいり)」は、2019年10月から新潟~酒田間で運行を開始した新たなレストラン・トレインです。
「海里」という名前は、新潟県や庄内地方の豊かな「海」や「里」の美味しいものや景色を楽しんでもらえるようにということから名づけられました。
列車のコンセプトは「新潟の食」「庄内の食」「日本海の景観」で、その魅力を伝えるための”こだわりのサービス”が提供されます。

海里は4両編成で、4号車のダイニング車(写真右)は食事がセットになった旅行商品として販売されます。
お値段(おとな)は、新潟~鶴岡間 13,400円、新潟~酒田間 13,800円です。
(内訳:乗車券+食事/海里車内 1 回付+お買物券または専用待合室の利用)
新潟~酒田間の特急いなほの乗車代金が3,540円(指定席券込・特急券含まず)ですので、料理代で約10,000円の設定となります。

新潟発の料理メニューは、100年以上続く歴史と格式ある3つの料亭が調理した手の込んだ新潟ならではの”日本料理”。
酒田発は、鶴岡のイタリアンの名店「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフ(写真右)が監修し同店のシェフが調理した”奥田イタリアン”が提供されます。
まさに日本海の豊かな食にこだわり抜いてつくりあげた究極のレストランメニューで、JR東日本の自信がうかがえます。

4号車のダイニング車(定員24名)は、JR券・食事・ドリンク等をセットにして、びゅう旅行商品として販売しています。
購入は、
・JR東日本の駅にあるびゅうプラザまたは主な旅行会社
・びゅう予約センター tel 0570-04-8928(携帯・PHS・IP 電話・ひかり電話・公衆電話からは tel 03-3843-2001)
・えきねっとのツアーリストで片道のプランを選択、または(のってたのしい列車「海里」のページで「びゅう現地発着ツアー」をクリックしましょう)

日本海の景色だけ楽しみたい方は、1号車・2号車のきっぷ(乗車券のほかに指定席券)を購入しましょう。
1号車(写真左)はリクライニングシート、2号車はコンパートメントシートになっていて、食事なしで利用できます。

指定席券(820円)は、以下で乗車日の1カ月前(前月の同じ日)10時から発売されます。
・駅の指定席券売機
・みどりの窓口
・びゅうプラザおよび主な旅行会社

観光列車「海里」の詳しい情報はこちら
※写真はのってたのしい列車「海里」のページから引用しています。

新潟でお寿司を食べよう

新潟のお寿司屋さんでは、聞いたことがない魚の名前が「今日のおすすめ」に張り出されています。
南蛮エビ、ノドグロ、ヤナギガレイなどは比較的ポピュラーですが、つづのめ、ゲンギョ、ドロエビ、ふなべた等となると???
これらは日本海近海で獲れる地魚で、新潟には多くの地魚が水揚げされます。
季節ごとに旬のネタを揃えていますので、新潟のお寿司屋さんに行ったら、まずは地魚を味わってみましょう。
新潟は、観光客相手の店が多い金沢よりも比較的リーズナブルな料金設定で、日本酒文化ですからお酒のアテになるような一品メニューも豊富。
豊かな海が育んだ新鮮な魚と新潟が誇るお米を使った銀シャリのコラボは最高です!
おすすめのお店は、明朗会計でゆったりくつろげ、お店の活気もある富寿司 新潟駅前店です。
おいしい料理とお酒を存分に楽しんでください。

「久保田」の銘柄で有名な朝日酒造を見学

「久保田」の銘柄で有名な長岡市の朝日酒造は、酒蔵の見学ができます。
酒造りや歴史、つくり手のこだわり等の話を交えながら、酒蔵を案内してもらえます。

通年実施されている20分の見学コースは、映像やびん詰め工場を見ながら、朝日酒造の取り組みや酒造りについて説明を受けます。
事前予約は不要です。
日本酒の製造現場に実際に足を運び、より詳しい説明が受けられる60分コースは、10月~4月下旬の期間に開催。
3日前までにインターネット、または電話での予約が必要です。
試飲・お買い物は隣接の酒楽の里あさひ山で楽しめます。
酒蔵見学の詳しい情報はこちら

あさひ山 蛍庵

地元指定農園栽培のそば粉を使用した日本蕎麦と、酒粕など日本酒にまつわる素材を用いた酒蔵料理、地元の野菜などを味わえる朝日酒造の蕎麦屋さんです。
落ち着いた雰囲気の店内で、久保田などのお酒とおいしいお蕎麦や酒肴をいただけます。
お店のホームページはこちら

新潟県長岡市朝日 584-3
tel 0258(92)6672

紅葉の名所、高橋家の別荘庭園

長岡もみじ園は、明治29年頃神谷の大地主、高橋家の別荘の庭園として造られたもみじ園です。
平成元年に旧越路町が寄贈を受けました。
紅葉時期には、約4000平方メートルの敷地内に植えられた、樹齢150~200年のもみじやカエデなどが色鮮やかに染まります。
夜間はライトアップも行なわれていて、幻想的なもみじの様子を見ることができます。
紅葉の見ごろは11月上旬~中旬です。

おすすめのホテル

この観光プランでは、新潟駅付近に泊まります。
るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。

多宝の湯 ドーミーイン新潟
新潟駅万代口より徒歩約8分。露天風呂付きの天然温泉大浴場を備えたビジネスホテルです。朝食は約50種類のメニュー豊富なバイキングです。

rurubu jalan

アートホテル新潟駅前
JR新潟駅・南口直結。豊富な和食メニューの新潟らしいご朝食が好評です。

rurubu jalan

お得な旅行の組み立て方

往路はジェットスターの航空券を予約・購入します。
成田空港から庄内空港まで利用します。
※JRの週末パスを利用する場合は、土曜日出発になります。
ジェットスターのホームページはこちら

JRの「週末パス」を使うとリーズナブルに!
週末パスとは
フリーエリア内のJR線のほか、14の鉄道会社線の普通列車(快速含む)普通車自由席が乗り降り自由のきっぷです。
別に特急券等を購入して、新幹線に乗車することもできます。
利用期間 2020年3月27日までの土休日(年末年始は不可)
有効期間 連続する2日間
料金 大人 8,880円、小児 2,600円
発売箇所 JR東日本の主な駅の指定席券売機(一部除く)、みどりの窓口
週末きっぷの詳しい情報はこちら

観光列車「海里」
4号車のダイニングを利用する場合は、びゅうの現地発着プランを事前に購入します。
1・2号車(食事なし)を利用する場合は、鶴岡~新潟間の指定席券を事前に購入します。

長岡からは新幹線で東京へ
この観光プランでは、復路、長岡駅から東京まで上越新幹線を利用します。
自由席特急料金は、3,680円です。

2019年10月4日