銀山温泉に泊まって最上川舟下りを楽しむ山形への旅 hot_spring

(新庄駅IN~山形駅OUT 銀山温泉1泊2日)

山形の銀山温泉に泊まる観光プランです。銀山温泉は、大正時代にタイムスリップしたかのようなレトロな温泉街が人気の秘湯。温かなもてなしと美味しい料理、効能豊かな温泉が疲れを癒してくれます。最上川では船頭さんの楽しいガイドや船唄を聞きながら、舟下りを楽しみます。 続きを読む

お気に入り
新幹線

 

この観光プランのおすすめポイント

最上川の美しい景色と船頭さんの名調子を堪能

最上川舟下りは、戸沢村にある「戸沢藩船番所」を出発し最上川リバーポートまで下る約1時間の船旅です。
船頭さんの楽しいガイドや船唄を聞きながら、両側の山々が織りなす美しい景色を楽しみます。
春には山桜、夏には山々に輝く新緑、秋には水面を染める紅葉、冬には水墨画を思わせる冬景色と、四季折々に美しい表情をみせる最上峡の絶景が満喫できます。
最上川舟下りのホームページはこちら

大正浪漫あふれる温泉街が魅力

銀山温泉は、大正時代にタイムスリップしたかのようなレトロな温泉街が人気の温泉です。
大正末期から昭和初期に建てられた木造三層四層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べ、大正浪漫あふれる温泉情緒を味わうことができます。
泉質は、ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉で、身体の芯までじんわりと温まります。

山形の食材を紹介する観光スポット

山形まるごと館 紅の蔵は、山形駅から徒歩10分の市の中心部にある山形の食材を紹介する観光スポットです。
かつて紅花商人であった長谷川家の蔵屋敷を改築し、山形の魅力ある食の提供、地域特産品や農産物の直売などを行っています。
スイーツとフランス、イタリア料理がいただけるカフェや、旧家で味わう石臼挽きの絶品そばが味わえるそば処があります。
※写真は「そば処 紅山水」の山形地鶏そば
山形まるごと館 紅の蔵の詳しい情報はこちら
山形県山形市十日町2-1-8
休館日:1月1日(定休日は各店舗により異なります。)
tel 023(679)5101

おすすめのホテル

銀山温泉のおすすめのお宿を紹介します。
るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。

銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘 (山形県)
古き良き大正ロマンの漂う銀山温泉。温泉は湖上の山々がおりなす四季の彩りをのんびり眺めながら入る露天風呂、東北唯一の寝湯露天風呂など♪

↓宿泊情報とご予約はこちら↓ jalan

滝と蕎麦の宿 瀧見館
銀山温泉の高台にある瀧見館は、木立に囲まれ眼下に滝を望む眺望のロケーション。
絶景の露天風呂と眺望の客室、斬新な山形料理と自家製手打ち蕎麦が自慢です。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓ jalan

銀山温泉 古勢起屋別館  (山形県)
ガス灯が灯る温泉街で、大正ロマンの風情ある造りに感動!!温かなもてなしと美味しい料理、効能豊かな温泉が疲れを癒す。1Fにはカフェ「スワローネ」があり、夜には地元の銘酒やカクテルが楽しめます

↓宿泊情報とご予約はこちら↓ jalan

お得な旅行の組み立て方

JTBのJR(往復)+宿泊のプランがおすすめです。
いつでも最新価格「ダイナミックJTB」なら、延泊などのアレンジもOK!
宿泊地:尾花沢・銀山温泉、往路:大石田駅、復路:山形駅のプランを選びましょう。
首都圏発はこちらから↓↓↓

※往路の山形新幹線つばさ123号大石田⇒新庄間(乗車券420円、自由席特急券760円)は、乗り越し精算します。

【びゅう】JRで行くゆったり癒しの温泉旅
秘湯&にごり湯や絶景露天風呂など、東北から関東・甲信越の名湯を紹介!
こちらから↓↓↓
温泉旅行特集 びゅう

※山形県の温泉地から、銀山温泉を選びます。
山形新幹線つばさ号を利用。
往路は直通コースで大石田駅~新庄駅間は当日乗り越し精算します。
復路は山形駅立ち寄りコースのプランを選びましょう。

【HIS首都圏発】東北の温泉特集
「乳頭温泉郷」を有する秋田県や、源泉数は370本以上もある「鳴子温泉」の宮城県など東北は名湯・秘湯が勢ぞろい!
のんびり つかる、ほっこり なごむ。
みちのくの温泉へ出かけよう!お申込み・詳しい情報はこちら

2021年7月15日