長良川鉄道の観光列車「ながら」で行く清流の里 郡上八幡

(【名古屋駅発/名鉄バスセンター着】日帰り~郡上八幡1泊2日)

長良川鉄道の観光列車「ながら」に乗車して郡上八幡を訪ねる観光プランです。水戸岡鋭治氏デザインの列車では、美濃地方の地元食材をふんだんに使ったランチをいただきながら、エメラルドブルーの清流と美しい山々の景色を堪能できます。名水のまち郡上八幡で癒しのひとときを♪ Continue reading

お気に入り
バス 鉄道

 

この観光プランのおすすめポイント

長良川鉄道観光列車「ながら」

長良川鉄道の「ながら」は、美濃太田駅から郡上八幡駅間をおよそ1時間40分で結ぶ観光列車で、週末を中心に1日1往復しています。
車両は2両編成で、1両目の「森号」は食事なしのビュープラン専用車両、2両目は食事が楽しめる「鮎号」となっています。
列車は風光明媚な長良川沿いを走り、エメラルドブルーの清流と美しい山々の景色を堪能できます。

列車のデザインは、九州の豪華寝台列車「ななつ星」を手がけた水戸岡鋭治氏によるもの。
内装は和風の木目調に統一されていて、窓枠と食堂車「鮎号」のテーブルには岐阜県産品のヒノキ、カウンターには美濃加茂産アベマキが使用されています。

車両デザインで随所に施されている「長良川」や「鮎」という文字をかたどったロゴも「ながら」オリジナルの作品です。

観光列車「ながら」には、食事内容によっていくつかの乗車プランがあります。ランチプラン、お弁当プラン、スイーツプラン、ビュープランなどです。
ランチ(写真イメージ)は、長良川鉄道沿線のリストランテ雀の庵やシティホテル美濃加茂のシェフが担当し、飛騨牛や奥美濃古地鶏、長良川でとれたアユやマスなど、地元食材をふんだんに使ったメニューです。

お弁当プランは土曜日に運行される「川風号」で提供され、日本料理 瓢麓苑が山の幸、川の幸、里の幸を盛りつけます。
スイーツプランは、郡上八幡から美濃太田に向かう金曜日の上り列車で楽しまます。
長良川鉄道 観光列車「ながら」の詳しい情報はこちら

水とたわむれ、風に吹かれてそぞろ歩く郡上八幡

国の重要伝統的建造物群の選定を受けた古い家並みが残る奥美濃の小京都、郡上八幡。
ぶらり城下をめぐれば、清らかな水が育む郡上八幡の暮らしと文化と人に出会えます。

職人町、鍛冶屋町は国の重要伝統的建造物保存地区の選定を受けた歴史風致地域です。
江戸時代は庶民の町として、間口2間の職人の家から大きな商家までズラリ軒を連ねていました。
今でも通りのあちこちにそのおもかげを見ることができます。

gujohachiman2清流、吉田川へと進む小道には、「日本名水百選」の第1号に指定された湧水「宗祇水」があります。
500年もの時を超えて湧き続けている名水のまち郡上八幡のシンボルです。

吉田川を挟んで南側には新町が広がり、繁華街の新町から角を曲った路地は「やなか水のこみち」と言われる人気のスポットです。
玉石を敷きつめた道と水路、柳の並木、大きな家屋敷。
「心の風景」ともいえる風情あふれる町並みに、きっと癒されます。

郡上八幡博覧館

郡上八幡博覧館は、郡上八幡のまちや郡上おどりの魅力を展示・紹介する施設です。
郡上おどりは「徹夜おどり」が有名な夏の行事で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
博覧館では、郡上おどりの由来・歴史から、イラストパネルや映像による郡上おどり十種の踊り方をわかりやすく展示しています。また 1日4回(約15分間)、郡上おどりの実演があります。
郡上八幡博覧館のホームページはこちら

郡上八幡の見どころの詳しい情報はこちら
郡上八幡の散策マップ(PDF)はこちら

おすすめのホテル

郡上八幡のおすすめのホテルをご紹介します。

るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。

お得な旅行の組み立て方

JTBのJR(往復)+宿泊のプランがおすすめです。
いつでも最新価格「ダイナミックJTB」なら、延泊などのアレンジもOK!
宿泊地は郡上八幡、往路・復路とも名古屋駅のプランを選びましょう。
こちらから↓↓↓

※発地を変更できます。

【高速バス】名古屋~郡上八幡線
名鉄バスセンターから郡上八幡まで高速バスが運行されています。
運賃(片道) 大人2,260円、小人1,130円
詳しい情報・ご予約はこちら

【現地の交通】
長良川鉄道の観光列車「ながら1号ランチプラン」
料金 大人12,500円、小人11,120円
予約 観光列車「ながら」予約センター
tel 0575(46)8021
受付時間 10:00~16:00
長良川鉄道 観光列車「ながら」の詳しい情報はこちら