三十三間堂

sanjusangendo1仏像の迫力に圧倒される三十三間堂

三十三間堂(正式名:蓮華王院)は、南北120メートルもの長大な本堂の柱の間が33あるということから、その名がつけられました。
10列の階段状の壇上に整然と並ぶ1,000体の観音像は圧巻で、その迫力に圧倒されます。
ほかにも、千体観音像の前で豊かな表情を見せる風神・雷神(国宝)と二十八部衆も見ごたえ十分の出来栄えです。
三十三間堂の詳しい情報はこちら

京都府京都市東山区三十三間堂廻り657
開門時間 8:00~17:00(11月中旬~3月は9:00~16:00)
拝観料金 大人600円、中・高校生400円、小学生300円
tel 075(561)0467

検索ボタンをクリックして「三十三間堂」をGoogle検索→ 検索結果を隠す

2018年12月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です