京の冬の旅

第53回 京の冬の旅

第53回「京の冬の旅」のテーマは「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」。
「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」をテーマに寺院において、通常非公開の文化財を特別公開します。
智積院では長谷川等伯の襖絵「楓図」(国宝)、妙心寺 天球院では狩野山楽と山雪の障壁画「竹虎図」や「梅に遊禽図(ゆうきんず)」などの貴重な作品が見られます。
冬ならではの落ち着いた雰囲気の京都を訪れ、障壁画や庭園、仏像など、ふだん見ることができない文化財をゆったりと眺めてみませんか。
公開期間 2019年1月10日(木)~3月18日(月)
「京の冬の旅」の詳しい情報はこちら

検索ボタンをクリックして「京の冬の旅」をGoogle検索→ 検索結果を隠す

2019年1月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です