建仁寺

風神雷神図(国宝)が有名な建仁寺

建仁寺は、祇園にある臨済宗建仁寺派の大本山で、京都最古の禅寺として有名です。
建仁2年(1202年)将軍源頼家が寺域を寄進し、栄西禅師が開山しました。
俵屋宗達の「風神雷神図」(国宝)が有名ですが、原本は東京国立博物館に寄託されており、建仁寺では高精細デジタル複製を鑑賞できます。
初心者向けの坐禅体験(約60分)も行っています。
建仁寺のホームページはこちら

京都市東山区大和大路通四条下る小松町
拝観時間
3月1日~10月31日 10:00~16:30(17:00閉門)
11月1日~2月28日 10:00~16:00(16:30閉門)
拝観料金 一般 500円 中高生 300円
tel 075(561)6363

検索ボタンをクリックして「建仁寺」をGoogle検索→ 検索結果を隠す

2018年12月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です