SL大樹に乗って鬼怒川温泉へ hot_spring

(【新宿発】鬼怒川温泉駅IN~鬼怒川温泉駅OUT 鬼怒川温泉1泊2日)

SL大樹で鬼怒川温泉に行こう!龍王峡は鬼怒川温泉の奥にある渓谷で、紅葉の時期は、両岸を染める紅葉と白い岩、エメラルドグリーンの流れが鮮やかなコントラストをつくり出します。鬼怒川温泉のお湯は美肌の湯といわれるアルカリ性単純温泉。自分好みのお宿を見つけて癒しのひとときを。 続きを読む

お気に入り
私鉄

 

この観光プランのおすすめポイント

レトロなSL大樹の旅を満喫

SL大樹(たいじゅ)は、東武鉄道が2017年8月に約半世紀ぶりに復活させたSL観光列車です。
栃木県日光市の下今市(しもいまいち)駅から鬼怒川(きぬがわ)温泉駅までの12.4km区間を約35分で走行します。
SL大樹の運行は土日が中心で、進行方向側からSL、車掌車、客車3両、ディーゼル機関車の順で連結される全6両編成で下今市~鬼怒川温泉間を1日3往復しています。

レトロ感いっぱいの客車には、SL観光アテンダントが乗り込み、「おもてなし」で旅の気分を盛り上げてくれます。
座席指定料金 大人750円、小児380円(税込)
SL大樹の詳しい情報はこちら

kinugawaonsen_nanaeyaeなめらかな”美肌の湯” 鬼怒川温泉

鬼怒川温泉は、鬼怒川渓谷沿いにたくさんの旅館やホテルが立ち並ぶ関東有数の温泉地です。
温泉街にカフェやお土産屋さんがあるほか、駅前に足湯「鬼怒太の湯」、くろがね橋のそばに足湯「鬼怒子の湯」があり、のんびりと温泉地の風情を楽しむことができます。
鬼怒川温泉の泉質はアルカリ性単純温泉で、肌に優しいなめらかな”美肌の湯”です。
※写真は、静寂とまごころの宿 七重八重のお風呂

スリル満点!鬼怒川温泉の大吊橋

鬼怒楯岩大吊橋は、鬼怒川温泉街と名勝楯岩を結ぶ長さ140mの歩道専用の吊橋です。
橋の上からは、40m下の大岩を縫って流れる鬼怒川の急流と緑の山々を眺めることができます。
また、対岸に渡って楯岩展望台まで遊歩道を進むと、高原山系の美しい山並みが一望できます。

鬼怒川の時に激しく時にゆったりと流れる様は女性を表し、楯岩は巨大で雄々しく男性を表すそうです。
この2つを結ぶ鬼怒楯岩大吊橋は、縁結びのパワースポットになっています。

おすすめのホテル

鬼怒川温泉のおすすめのお宿をご紹介します
るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。

鬼怒川金谷ホテル (栃木県)
創業者「ジョン金谷鮮治」が描いた“もてなしの心”と“美学に溢れたダンディズム”の世界観。心ゆくまで語らい、極上の日常をもてなした別荘のような居心地の良さと、モダンで洗練された空間・サービス。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓ jalan

静寂とまごころの宿 七重八重 (栃木県)
2016年1月にオープンした浴場施設が大好評!渓流沿いの露天風呂で四季の景色を眺めながらゆったりと。地場素材を活かした料理も肉・魚・野菜とバランスのとれた献立。鬼怒川温泉駅から徒歩5分の好立地。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓ jalan

ほてる白河 湯の蔵
雪化粧の鬼怒川渓谷を望む【ほりごたつ付客室】が人気!!さらに、自家源泉【羽衣の湯】を100%使用した趣異なる2種の【貸切露天風呂】と安心・安全・だから美味しい【日光ひみつ豚】が自慢の宿。



↓宿泊情報とご予約はこちら↓ jalan

鬼怒川温泉 その他の宿泊情報はこちら
じゃらんでさがす

お得な旅行の組み立て方

JTBのJR(往復)+宿泊のプランがおすすめです。
いつでも最新価格「ダイナミックJTB」なら、延泊などのアレンジももOK!
宿泊地は鬼怒川温泉・川治温泉、往路・復路とも鬼怒川温泉駅のプランを選びましょう。
こちらから↓↓↓

【KNT】JR+宿 ダイナミックパッケージ
新幹線・特急と宿泊プランを自由に組み合わせ!
こちらから↓↓↓

【現地の交通】SL大樹
この観光プランでは、往路に下今市駅からSL大樹に乗車します。
SL大樹は座席指定料金が必要です。
指定席料金 大人750円、小児380円
あらかじめ、指定席券を購入しておきましょう。
購入はこちら
※各駅では乗車日の1か月前の午前9時から発売されます。

2018年12月29日