鳴子温泉に泊まる東北3つの美景 宮城・山形うまいもんめぐり2日間 tour hot_spring

(このツアーの募集は終了しました)

鳴子温泉に泊まるツアーです。塩釜で海鮮丼を味わったあとは松島を散策。翌日は最上川で船下り(別料金)を楽しみます。ホテルの夕食は「宮城牛の陶板焼き」「郷土料理はっと鍋」「ふかひれ茶碗蒸し」など郷土の味を賞味。癒され効果抜群の源泉掛け流しの温泉でゆっくりくつろぎましょう。 続きを読む

お気に入り
バス 新幹線

 

この観光プランのおすすめポイント

松島のシンボル「五大堂」

松島のシンボル・五大堂は、807年に坂上田村麻呂が東征のときに建立した毘沙門堂が始まりと云われています。
慈覚大師円仁が延福寺を開いて五大明王を安置したところ、坂上田村麻呂が祀った毘沙門天が光を発して沖合いの小島に飛び去り、毘沙門島になったという伝説があります。
現在の建物は、 伊達政宗が慶長9年(1604)に創建したもので、桃山式建築手法の粋をつくして完工したものです。
五大堂からは、美しい松島湾を見渡すことができます。

narukoonsen_hotelkameya4バラエティに富んだ泉質を楽しめる名湯「鳴子温泉」

鳴子温泉郷は、鳴子温泉・東鳴子温泉・川渡温泉・中山平温泉・鬼首温泉の5つの温泉地から構成されます。日本に11種類ある泉質の内9種類もの温泉が湧出する全国的にも稀な温泉地です。

鳴子温泉は温泉郷の中心で、古くから“奥州三名湯”の一つに数えられています。5ヶ所の温泉地で最も大きく、近代的な宿泊施設や食事処、土産物店が賑やかな街並みを形成しています。
鳴子温泉の各宿の温泉の泉質はこちら
※写真はホテル亀屋の内湯

最上川の美しい景色と船頭さんの名調子を堪能

最上川舟下りは、戸沢村にある「戸沢藩船番所」を出発し最上川リバーポートまで下る約1時間の船旅です。
船頭さんの楽しいガイドや船唄を聞きながら、両側の山々が織りなす美しい景色を楽しみます。
春には山桜、夏には山々に輝く新緑、秋には水面を染める紅葉、冬には水墨画を思わせる冬景色と、四季折々に美しい表情をみせる最上峡の絶景が満喫できます。

大正浪漫あふれる温泉街が魅力

銀山温泉は、大正時代にタイムスリップしたかのようなレトロな温泉街が人気の温泉です。
大正末期から昭和初期に建てられた木造三層四層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べ、大正浪漫あふれる温泉情緒を味わうことができます。
泉質は、ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉で、身体の芯までじんわりと温まります。

おすすめのホテル

このツアーでは、鳴子温泉郷に泊まります。
narukoonsen_hotelkameya1

ホテル亀屋
鳴子温泉の中心街を徒歩で散策できます。源泉かけ流しの「黒湯」は、薬のような香りがただよう癒され効果抜群の温泉です。

jalan

narukoonsen_hotelkameya3
夕食は「宮城牛の陶板焼き」「郷土料理はっと鍋」「ふかひれ茶碗蒸し」など郷土の味を揃えたこだわり和食膳
※写真はイメージです。

お得な旅行の組み立て方

【クラブツーリズム】『名湯・鳴子温泉に泊まる 東北3つの美景 宮城・山形うまいもんめぐり2日間』に参加します。
29,900円均一

※この観光プランは、上記ツアーに参加した場合に想定される行程をプランにしてご紹介しています。
ツアーの内容は、クラブツーリズムのサイトでご確認ください。

この観光プランに似ているツアー旅行商品(東京発クラブツーリズム)

2019年6月6日