立山黒部アルペンルート・黒部峡谷トロッコ電車・上高地3日間 tour hot_spring red_leaves

(【東京/上野/大宮/高崎駅発~新宿/八王子/立川駅着】長野駅IN~松本駅OUT 金太郎・大町温泉2泊3日)

黒部峡谷と立山黒部アルペンルート、上高地を訪ね、北アルプスの絶景を楽しむクラブツーリズムの人気のツアーです。初日はトロッコ電車で黒部渓谷へ。翌日は立山黒部アルペンルートを縦走、3日目は上高地を散策します。お泊りは金太郎温泉と大町温泉の5つ星のお宿♪ Continue reading

お気に入り
バス 新幹線 鉄道

 

この観光プランのおすすめポイント

黒部峡谷随一の景勝地「錦繍関」

黒部峡谷鉄道の鐘釣駅を下車して散策する鐘釣橋一帯は「錦繍関(きんしゅうかん)」と呼ばれ、黒部峡谷随一の景勝地です。
河原に降りて見上げると、鐘釣橋を渡るトロッコ電車の美しい姿も楽しめます。
このあたりの河原は、どこを掘っても温泉が湧き出る天然の露天風呂がつくれます。
また、百貫山に降った雪が谷に堆積して溶けずに残った黒部万年雪も見られます。

3,000m級の山々に囲まれた最高所「室堂」

立山黒部アルペンルート内の最高所に位置する室堂(むろどう)は、観光と登山の拠点として最も賑わいを見せる場所です。
室堂平からは、立山三山をはじめ剱岳や大日連山など、3,000m級の山々をぐるりと見渡すことができます。
9月中旬にはタカネナナカマドやウラジロナナカマド、ミネカエデ、チングルマが色づきはじめ、3000m級の立山連峰が赤、黄、緑に染まる様は圧巻です。
みくりが池をぐるっと周回する散策コースの詳しい情報はこちら

タンボ平から黒部湖への雄大な景色を一望

大観峰は断崖絶壁にせり出すようにして建っているので、屋上以外、外へ出ることはできません。
しかし、駅の屋上展望台「雲上テラス」からは、黒部湖や後立山連峰、タンボ平など雄大な景色を一望することができ、その景色はアルペンルート屈指の美しさです。
雲上テラスには木製のテーブルや椅子があり、立山連峰の山々の大パノラマをゆっくりと楽しめます。

大斜面の大観峰に広がる紅葉の絶景

大観峰と黒部平を結ぶ立山ロープウェイ。景観と環境保全の観点から大観峰と黒部平の間に一本も支柱がなく、動く展望台として360度の大パノラマを楽しむことができます。大きく取られた窓から、西には大斜面の大観峰、東には後立山連峰の絶景が広がります。

黒部平から大観峰にかけてなだらかに広がるタンボ平は、春夏秋冬、色とりどりの装いでわたしたちを楽しませてくれます。 特に、雪が降る頃になると、上層より白・セピア・紅と見事な3段染めを見られることもあります。

黒部ダムを展望台から眺めよう

黒部ダム駅から220段の階段を登ると標高1,508mの展望台があり、立山連峰をはじめ、北アルプスの大パノラマが楽しめます。
眼下には巨大な黒部ダムを見下せます。
10月15日までの観光シーズンには、霧状の水が毎秒10t以上もの勢いで落下する大迫力の観光放水を間近に眺めることができます。
期間中は、朝から夕方まで放水時間内はいつでも見ることができます。
黒部ダムの詳しい情報はこちら

3,000m級の穂高連峰を望む山岳景勝地「上高地」

上高地の中心でシンボル的な存在感をもつ河童橋をはじめに、立ち枯れの木々が印象的な大正池や、ほとりに穂高神社奥宮が鎮座する神秘的な明神池など、豊かな自然の中を散策してみましょう。
上高地を象徴する木の吊り橋、河童橋。橋に立って上流を望めば、3,000mの高さを誇る穂高連峰が迫り、下流は噴煙をなびかせる焼岳が控えるすばらしい展望が楽しめます。
上高地のウォーキングコースの詳しい情報はこちら
レストランの詳しい情報はこちら

おすすめのホテル

このツアーでは、1泊目は金太郎温泉、2泊目は大町温泉に宿泊します

金太郎温泉
総面積1100坪の大浴場は圧巻の広さを誇り、100%掛け流し!国内でも珍しい食塩泉と硫黄泉が混合している温泉です。

jalan

立山プリンスホテル
北アルプスに抱かれた自然豊な環境の本格温泉旅館。木々に囲まれた露天風呂が魅力。近代的な中にも信州の温もりを感じさせる温泉宿です。

jalan

お得な旅行の組み立て方

【クラブツーリズム東京発】『立山黒部アルペンルート・黒部峡谷トロッコ電車・上高地 3日間』に参加します。
69,900円~83,900円

※この観光プランは、上記ツアーに参加した場合に想定される行程をプランにしてご紹介しています。
ツアーの内容は、クラブツーリズムのサイトでご確認ください。

クラブツーリズムのトップページはこちら↓↓↓