紅葉の八幡平アスピーテラインをドライブ

紅葉に染まる八幡平を爽快ドライブ

八幡平アスピーテラインは秋田県と岩手県とにまたがる八幡平を横断するドライブコースです。
雄大な景色が楽しめますが、特に10月の紅葉の時期は山々が紅や黄色に染まり、息を呑む美しい景色が広がります。
アスピーテラインの途中の見どころをご紹介します。

hachimantai_onuma大沼
岩手県側からアスピーテラインに入った最初の観光スポット。
春から夏にかけてミズバショウ、ワタスゲなどの高山植物の群生が見られ、秋にはダケカンバ、ナナカマドなどの紅葉が見られます。
散策路が整備されていますので、景色を楽しみながら一周約30分の散策を楽しみましょう。
大沼の詳しい情報はこちら

hachimantai1八幡沼(見返り峠)
八幡沼は標高1,500mを超える八幡平山頂付近の観光スポットです。最寄りの駐車場となる見返り峠はレストハウスなどの施設も充実しています。
見返り峠から八幡沼の周囲をめぐる散策路に行くことができます。
この散策路(約1時間30分のコース)も美しい景色が望めますが、山頂付近は針葉樹が多いため、紅葉はあまり見られません。
八幡沼の詳しい情報はこちら

hachimantai_gentaroiwa源太郎岩展望所
アスピーテラインの中間地点にある大きな岩の上に展望所があります。
晴れた日には岩手山がきれいに見え、標高1,260mからのすばらしい眺めを楽しむことができます。

アスピーテラインは雪のため、11月中旬から4月中旬まで閉鎖となります。
通行可能かどうかはこちらで確認ください。
八幡平アスピーテラインのドライブマップはこちら

    検索ボタンをクリックして「紅葉の八幡平アスピーテラインをドライブ」をGoogle検索→ 検索結果を隠す

    2021年9月3日

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です