北アルプスの絶景!高山植物の楽園 白馬で過ごす夏休み hot_spring

(【新宿/名古屋駅発】白馬駅/白馬BT IN~白馬駅/白馬BT OUT 白馬八方温泉1泊2日)

白馬リゾートで夏休みを過ごす観光プランです。八方尾根自然研究路や白馬五竜高山植物園、白馬岩岳ゆり園へゴンドラで一気に上がれば、そこは可憐な高山植物が咲く別天地。うさぎ平では週末に天の川や季節の星座を観察する「天空の天体ショー」が開催されます。 続きを読む

お気に入り
バス 鉄道

 

この観光プランのおすすめポイント

涼風そよぐテラスで圧倒的な山岳景観を楽しむ

ゴンドラで涼風そよぐ白馬岩岳山頂「白馬岩岳マウンテンハーバー」へ。
緑あふれる岩岳山頂と北アルプスの景観は、見ているだけで涼しくなります。
2019年に氷河認定された「唐松沢雪渓」を、村内でもベストなポジションで観ることもできます。
北アルプスの絶景が一望できる山頂テラスの標高1,289mからの眺めを体感してみませんか?
不思議な樹木に出会える「ねずこの森」は、一周約1時間半のトレッキングコース。
ブナやミズナラ、伝統樹木のネズコなど緑豊かな「ねずこの森」が広がります。
「ねずこの森」を歩く1周約60分のウォーキングコースはガイドツアーもあり、木々の葉から差し込むやわらかな太陽の光、時折聞こえる鳥の声と風の音を聞きながら、北アルプスの絶景と緑鮮やかな木々からマイナスイオンを浴びる『森のセラピーウォーキング』を楽しむことができます。
白馬岩岳マウンテンハーバーの詳しい情報はこちら

うさぎ平 星空観察会

八方アルペンラインの夜のゴンドラリフトに乗って、星空観察会に出かけましょう。
標高1,400mのうさぎ平テラスから空を見上げれば、びっくりするくらい美しい満天の星空が広がります。
夏から秋にかけて、うさぎ平では週末に天の川や季節の星座を観察する「天空の天体ショー」が開催されます。
日本天文学会所属の天文歴30年のベテラン講師が、星空について楽しく案内してくれます。
特定日には、ペルセウス座流星群などの「流星群観察会」も開催されます。
うさぎ平 星空観察会の詳しい情報はこちら

happoike八方尾根自然研究路

八方アルペンラインを乗り継ぎ、一気に1830mの別世界へ。八方尾根自然研究路では、約340余種の貴重で豊富な高山植物を観賞することができます。
7~8月には黒菱平付近にニッコウキスゲ、コバイケイソウ、八方池周辺にはチングルマ、マツムシソウなどの花々が咲き誇ります。
北アルプスの山々が間近に迫る素晴らしいパノラマが広がる人気のコースで、ファミリーや女性でも無理なく山岳ハイキングが楽しめます。
八方尾根自然研究路の詳しい情報はこちら

hakubagoryukozan_shokubutsuen1200万株の花々が咲く白馬五竜高山植物園

白馬五竜ゴンドラの麓からアルプス平へテレキャビンで8分。
およそ5ヘクタールの広大な面積に、300種類200万株の花々が咲き群れる「白馬五竜高山植物園」。ヒマラヤの青いケシやエーデルワイスなどの世界の高山植物をはじめ、高山植物の女王・コマクサも群生し、赤やピンク、白の美しい姿を観賞することができます。
白馬五竜高山植物園には、花三昧バスをエスカルプラザで下車。五竜テレキャビンで上ります。
白馬五竜高山植物園の詳しい情報はこちら

おすすめのホテル

白馬八方温泉のおすすめのホテルをご紹介します
るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。

白馬樅の木(もみのき)ホテル
新メニューのディナービュッフェとグランピングBBQが好評!最寄りの公共機関より無料送迎。ph11・3の強アルカリ単泉~美人の湯『庄兵衛の湯』でリフレッシュ♪

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
jalan

ホテル五龍館
北アルプスの雄大な景観を望むホテル。野天風呂は美肌のアルカリ泉。地元人気の創作和食は鮮魚と地物にこだわる秀品です。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
jalan

コートヤード・バイ・マリオット白馬
雄大な北アルプスのふもと、信州白馬村に佇む国際ブランドリゾートホテル。夕食は信州や日本海の食材を使った本格グリル料理をご提供。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
jalan

白馬八方温泉 その他の宿泊情報はこちら じゃらんでさがす

お得な旅行の組み立て方

JTBのJR(往復)+宿泊のプランがおすすめです。
いつでも最新価格「ダイナミックJTB」なら、延泊などのアレンジもOK!
宿泊地は白馬・八方、首都圏発は往路・復路とも新宿駅⇔白馬駅(ともに乗車区間を変更)のプランを選びましょう。
新宿発はこちら↓↓↓

名古屋発はこちら

【KNT】思い立ったら、スグ予約!スグ旅
JRとホテルを自由に組み合わせ可能!JRは予約後、駅でらくらく発券♪
宿泊地:白馬・八方、往路・復路ともに白馬駅のプランを選びましょう。
お申込み・詳しい情報はこちら↓↓↓

【びゅう】JRで行くゆったり癒しの温泉旅
秘湯&にごり湯や絶景露天風呂など、東北から関東・甲信越の名湯を紹介!
こちらから↓↓↓
温泉旅行特集 びゅう

※エリアから探すで「甲信越・中部」の長野県「白馬」をクリックしてください。

alpico_bus

新宿から高速バス(アルピコ交通)で白馬に入る方法もあります。
バスタ新宿を早朝に出発する白馬行きの高速バスが土・日曜日のみ運行しています。
復路は午後に白馬を出発、夜に新宿に到着します(移動時間 5時間13分)。
運賃(WEB割引あり)片道5,200円~6,100円
※新宿発夜行便は、夜行割増運賃1,400円が必要です。
詳しい情報はこちら

2021年7月5日