ホテル日航アリビラ&那覇に泊まる~JALうたばすで観光

(ホテル日航アリビラ・那覇2泊3日)

ホテル日航アリビラと那覇市内のホテルに宿泊してJALうたばすで美ら海水族館や古宇利島、備瀬のフクギ並木などの観光スポットをめぐります。アリビラは、スパニッシュコロニアル様式の外観や季節ごとに異なる表情を見せる自然豊かなパティオが印象的なリゾートホテルです。 続きを読む

お気に入り
バス 飛行機

 

この観光プランのおすすめポイント

“くつろぎの別荘”であり続けるアリビラ

スペイン語のAlivio(くつろぎ)とVilla(別荘)を組み合わせた名のとおり、スパニッシュコロニアル様式の外観や季節ごとに異なる表情を見せる自然豊かなパティオが印象的なリゾートホテルです。

読谷村の自然と調和した異国情緒漂う癒しの空間の中で、心と身体を解き放つ至福の休日が過ごせます。
ロビーにはホワイトガーデニアのやさしい香りが漂います。
時がゆっくり流れる午後は、香り高いハーブティーを片手に楽園リゾートを満喫するのもおすすめです。

ホテルの目の前に広がるニライビーチは、県内でも有数の透明度を誇り、沖縄の特徴的な遠浅の海を体感することができます。
海水浴、シュノーケル、砂遊び、磯歩き・・・。干潮と満潮の差が多い時は2メートルにもなり、満ちているときには見ることができない生き物が干潮のときに出会えたり、逆に満潮のときだけに見られる生物も数多くいます。

多彩なレストランでは、沖縄の食材を中心に香りや食感など感性に響く美食を堪能できます。
アリビラはここにしかない、五感に触れる“くつろぎの別荘”です。
2019年6月27日、ホテル日航アリビラは開業25周年を迎え、さまざまな記念イベントを実施しています。
アリビラ開業25周年記念特集ページはこちら

古宇利島のオーシャンタワーから見渡す絶景

古宇利島は、沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。
2005年に古宇利大橋が開通し、車で行ける離島となりました。
島の入り口には古宇利ビーチがあり、シュノーケリングでサンゴ礁を覗いてみれば、岸からそう遠くない場所でも南国特有の鮮やかな魚たちを見ることができます。
また、古宇利島のオーシャンタワーからは、見渡す限り透き通るように青い海が広がる絶景が見られます。
古宇利島の詳しい情報はこちら

churaumi_suizokukan3ダイナミックな沖縄の海が目の前に!

沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館は、沖縄北部の海洋博公園にある人気スポットです。「沖縄の海との出会い」をテーマに、サンゴ礁の浅瀬から深海まで沖縄の海を体感できる世界最大級の水族館です。
見どころは、ジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ「黒潮の海」(写真)。この巨大水槽のアクリルパネルは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm もあります。全長8mものジンベエザメが、たくさんの魚たちを連れて目の前を泳ぐ姿は感動的です。

「黒潮の海」の大水槽前では、1日4回の水槽解説があり、ジンベエザメや他の魚たちについて紹介してくれます。
また、15時と17時はジンベエザメの餌やりタイムで、ジンベエザメがカラダを垂直にして水面近くの餌を飲み込む姿を見ることができます。
沖縄美ら海水族館のホームページはこちら

昔ながらの沖縄の風景が残るフクギ並木

備瀬のフクギ並木は、沖縄美ら海水族館から車で約5分ほど、伊江島を臨む備瀬の海岸線沿いにあります。
約2万本のフクギの木がトンネルのように立ち並び、集落を広く覆っています。
古いものだと樹齢300年以上、フクギは防風林の役割を果たし、台風から集落を守り続けてきました。
時間がゆっくりと流れているかのように感じる「備瀬のフクギ並木」は、普段都会であわただしい日々を過ごしている人を優しく迎えてくれる、癒しに満ちた空間。
フクギ並木には散策のための順路がありますが、実は順路から少し外れるとさらに綺麗な海を望むことができます。
海に出るとそこに広がるのはまさに絶景。
エメラルド色の海と、その先には伊江島が望め、海沿いの散策路を進むことができます。
海沿いの散策路は、水族館近くのエメラルドビーチ脇から集落奥の備瀬崎までつながっています。
エメラルド色の海を見ながら往来できる木漏れ日の散策路で、その途中には休憩できるベンチもあります。

フクギ並木の代表的なカフェといえば、「cafe CAHAYA BULAN」。
さわやかなウッドデッキ席からは、エメラルドグリーンの水平線と伊江島を眺めることができます。
メニューは沖縄ならではのフルーツを使ったスムージーや、アジアンティーなど。
お散歩を楽しんだ後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

チャハヤブラン
沖縄県国頭郡本部町備瀬429-1
営業時間 12:00〜ラストオーダーは日没
定休日 水・木曜日(7から9月は水曜のみ)
tel 0980(51)6565

shurijo_seiden琉球王朝の歴史と文化を象徴する城

首里城は、1429年に成立し450年続いた琉球王国の国王とその家族が暮らす「王宮」であると同時に、王国統治の行政機関「首里王府」の本部でもあり、たくさんの官吏が働いていました。
第二次世界大戦で焼失しましたが、1992年に首里城正殿を復元。復元は今も進められていて、2014年1月には、黄金御殿(くがにうどぅん)・寄満(ゆいんち)・近習詰所(きんじゅうつめしょ)、奥書院(おくしょいん)といった施設がオープンしています。

naha_yachimundori散策にぴったりの焼き物のお店が集まる通り

「やちむん」とは焼き物のこと。壺屋やちむん通りは壺屋焼のお店や工房が立ち並ぶ風情ある通りで、琉球ガラスやかわいい絵柄を施した器を扱う雑貨屋さん、焼き物を使ったカフェなどが点在しているので、お買いものや散策にぴったり。

第一牧志公設市場からさらに国際通りと反対方向に10分ほど歩いたところにあります。

おすすめのホテル

この観光プランでは、1泊目はホテル日航アリビラ、2泊目は那覇市内のホテルに泊まります。
るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。

ホテル日航アリビラ
(1泊目)
スペイン語のAlivio(寛ぎ)とVilla(別荘)を組み合わせた名前の「ホテル日航アリビラ」。異国情緒漂う館内には多彩なレストラン、ラウンジ、癒しのエステ&スパなどの施設が充実しています。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
rurubu jalan

ロワジールホテル那覇
(2泊目)
天然温泉はもちろん、全天候型の室内プールや季節限定の屋外プールも完備。ファミリーで賑わうビュッフェレストランでは女子に人気のスイーツコーナーも!

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
rurubu jalan

ホテルJALシティ那覇
(2泊目)
ゆいレール美栄橋駅から徒歩約8分。国際通り中央に立地しながら、表通りの喧騒からはかけ離れた深いやすらぎに満ちたくつろぎのホテルです。

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
rurubu jalan

那覇市内 その他宿泊情報はこちら
るるぶトラベルでさがす じゃらんでさがす

お得な旅行の組み立て方

往復の航空券とホテル・宿がセットになった旅行商品を申し込みます。

【JAL】スーパーバーゲン沖縄・離島
お得な価格でホテルも自由に選べます。↓↓↓

【JAL】 午後得!沖縄でおトクに沖縄へ行こう!
のんびり午後出発で価格がお得。
ジャルパックブランド誕生55周年記念で「BLUESKY利用券2,000円分」付!
対象出発期間 :2019年4月1日(月)~11月30日(土)
さらに5月20日~7月11日出発なら観光や食事などに使える「しまりずむクーポン」も付いてくる!
午後得のページのダイナミックパッケージで検索します。
ホテル日航アリビラ1泊で検索して、2泊目の那覇市内のホテルを追加します。
【オプション】2日目に「JALうたばす 古宇利島・美ら海号」を利用します。
おとな・こども(3~11歳)500円
うたばすの詳しい情報はこちら
JALダイナミックパッケージ「午後得!沖縄」を申し込む際に、オプションを追加します。
[+]ボタンのバスを選択して利用日を指定します。

午後得!沖縄の詳しい情報・お申込みはこちら↓↓↓

【現地の交通】
初日、那覇空港からホテル日航アリビラへは空港リムジンバスを利用しましょう。
料金 大人1,500円/小人750円(税込)
空港リムジンバスは事前予約制となっています。
時刻表などの情報はこちら(ホテル日航アリビラ)
Web予約はこちら(沖縄バス)
お問い合わせ
空港リムジンバス案内センターtel 098(869)3301

2019年5月18日