SL冬の湿原号とホワイトピリカ号でめぐる 釧路・阿寒湖温泉への旅 hot_spring

(釧路空港IN~釧路空港OUT 釧路・阿寒湖温泉2泊3日)

阿寒湖温泉に泊まって釧路湿原を観光するプランです。初日は人気の「SL冬の湿原号」で真っ白な釧路湿原を走ります。翌日は定期観光バス「ホワイトピリカ号」で摩周湖、屈斜路湖、硫黄山を観光。釧路湿原では雪原を舞う美しいタンチョウの姿も観察できますよ。 続きを読む

お気に入り
バス 飛行機

 

この観光プランのおすすめポイント

sl_fuyunoshitsugengo2リニューアルされたSL冬の湿原号に乗車

人気の「SL冬の湿原号」で真っ白な釧路湿原を走ります。レトロな雰囲気の車両でSLの力強い走りを実感できます。
今冬は客車をリニューアル!SLが持つ「ノスタルジー」や「レトロ」感をベースに、内装には丹頂やエゾシカのシルエットをあしらうなど、北海道ならではのSLの旅が楽しめるよう工夫されています。
また、ストーブカーには昔懐かしいダルマストーブが設置されています。
SL冬の湿原号の詳しい情報はこちら

2022年の運行日
1月22日(土)・23日(日)、28日(金)~30日(日)、2月4日(金)~13日(日)、18日(金)~20日(日)、23日(水・祝)~27日(日)、3月4日(金)~6日(日)、11日(金)~13日(日)、18日(金)~21日(月・祝)
料金 乗車区間の乗車券に指定席券1,680円が必要です。
乗車には「みどりの窓口」またはえきねっとで事前に予約が必要です。
 

kushiro_washoichiba勝手丼で有名な釧路の和商市場

釧路駅から徒歩5分にある和商市場は「函館の朝市」「札幌の二条市場」と共に北海道三大市場の一つと言われています。
新鮮な魚介類をはじめ、水産加工物や乾物、肉、野菜などが約60店舗で売られています。
市場内でごはんを買った後、自分の好みの刺身を各店舗から買って自分だけの丼を作る「勝手丼(かってどん)」が有名です。
kushiro_washoichiba2今は和商市場の名物となりましたが、もともとはお金のないライダーにご飯だけを買ってこさせたのが始まりと言われています。
和商市場のホームページはこちら

北海道釧路市黒金町13-25
営業時間 8:00~18:00(日曜は~16:00)
※1~3月は~17:00(日曜休み)
tel 0154(22)3226

kushiro_tsurumidai雪の釧路湿原に舞う美しいタンチョウ

タンチョウの二大給餌場の一つとして知られる鶴見台には、毎年11月頃から3月頃まで約200羽前後のタンチョウが餌を求めにやってきます。
美しいタンチョウが雪原に舞う姿は、感動的な風景です。冬の間、朝方と午後2時30分頃の2回給餌が行われます。
この給餌場は、昭和38年頃に付近の小学校へ冬になるとタンチョウが集まり、先生と児童が給餌したことに始まります。
昭和49年に小学校が廃校となった後、近くに住む渡部トメさんが意思を引き継ぎ、給餌を続けています。

kussharoko_sunayu_summer湖畔に湧き出る温泉

屈斜路湖の東側の湖畔にある砂湯は、砂を5~10cmほど掘ると温泉が湧き出る不思議な場所です。
夏は温泉に浸かれるキャンプ地として、冬は数百羽の白鳥が訪れる場所として、多くの人が訪れる人気のスポットです。
砂湯には無料の足湯と混浴の露天風呂がありますが、のんびり足湯に浸かって手軽に温泉を楽しむことができます。

世界一級の透明度を誇るカルデラ湖「摩周湖」

摩周湖は川湯温泉から約12kmにあり、最深211.4mの世界一級の透明度を誇るカルデラ湖です。
湖の周囲は300~400mの絶壁に囲まれ、第一、第三、それに裏摩周の3つの展望台があります。

「霧の摩周湖」と呼ばれるほど霧に覆われることが多いため、神秘的で美しい湖面はなかなか姿を見せてくれませんが、運が良ければ「摩周ブルー」といわれる群青色の湖面を見ることができます。
摩周湖の詳しい情報はこちら

「阿寒湖氷上 カムイへの祈り」~カムイコオリパク~

阿寒のアイヌ民族は、「カムイと共に、自然と共に」という精神を大切にしています。
「阿寒湖氷上 カムイへの祈り」は、新型コロナに苦しむ今だからこそ、アイヌ民族のカムイや自然との向き合い方を知ってほしいと考えて企画されました。
「厄除けのタイマツ」をもってアイヌの方々と一緒に氷上会場中央まで行進する参加型のイベントです。
参加者全員でコロナウィルス収束と人々の健康、安全など平和への祈りを捧げます。
阿寒湖 カムイへの祈りの詳しい情報はこちら
開催期間 2021年2月1日(月)〜3月2日(火) 

おすすめのホテル

この観光プランでは、1泊目は釧路市内、2泊目は阿寒湖温泉に泊まります。
阿寒湖温泉のおすすめの宿をご紹介します。
るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。
lavista_akangawa1

カムイの湯 ラビスタ阿寒川

(2泊目)
2015年8月NEW OPEN!阿寒湖「奥座敷」と呼ばれる阿寒川の畔。自噴する豊かな源泉、手つかずの川と森、そして満天の星の煌めき。
jalan

akan_tsuruga_winter

あかん遊久の里 鶴雅

(2泊目)
和の趣とおもてなしが評判の阿寒湖を代表するホテルです。さまざまな宿泊プランが用意されていて、自分のスタイルに合った過ごし方が選べます。
jalan

akan_tsurugawing

あかん湖鶴雅ウイングス

(2泊目)
北海道の食材を活かしたヘルシービュッフェが楽しめるホテル。多彩な温泉、岩盤浴、エステなど、女性に嬉しい充実の温泉施設が自慢です。
jalan

釧路駅周辺の宿泊情報をじゃらんでさがす
阿寒湖温泉 その他宿泊情報をじゃらんでさがす

お得な旅行の組み立て方

釧路・阿寒湖に泊まるツアーをダイナミックパッケージで検索
往路・復路ともに釧路空港、宿泊地区:釧路の宿泊 で検索してください。
2泊3日で検索して、2泊目の宿泊施設を阿寒湖温泉のホテルに変更します。
出発7日前までの購入がお得になります。
こちらから↓↓↓

ご出発日の20日前からはキャンセル料が発生します。

2日目の定期観光バス「ホワイトピリカ号」を予約します。
ホワイトピリカ号 摩周湖・屈斜路湖・阿寒湖を巡る1日コース(阿寒バス)
運行期間 2022年1月28日(金)~3月6日(日)毎日運行
料金 大人4,700円 小人3,030円(阿寒湖で下車する場合)
※電話 0154(37)2221(当日まで)またはホームページ(3日前まで)から予約してください。

2021年12月3日