登別温泉5つ星の宿へ 函館・小樽・札幌 春色の北海道三都3日間 tour sakura hot_spring

(函館空港IN~新千歳空港OUT 西大沼・登別温泉2泊3日 4月下旬~5月上旬に出発)

GWに桜咲く函館・小樽・札幌の北海道三都をめぐるクラブツーリズムのツアーです。桜で彩られた五稜郭公園や函館山の夜景を観賞したあとは、美しい自然に囲まれた函館大沼プリンスホテルに宿泊♪2泊目は名湯「登別温泉」の5つ星の宿でくつろぎます。食事はこだわりの「北海道グルメ」を満喫! 続きを読む

お気に入り
バス 飛行機

 

この観光プランのおすすめポイント

ハリストス正教会

江戸末期ロシア主教ニコライによって日本で初めてロシア正教が伝導され、ロシアの領事館及び礼拝堂としてこの教会が建てられました。
建物は優美なロシア風ビザンチン様式で、ロマンチックな函館のまちの象徴と言えます。
教会群は坂を上った元町エリアにあるので、函館駅やホテルからはタクシーを利用しましょう。
初代の建物は明治40年の函館大火で焼失しましたが、大正時代に現在の聖堂を再建。国の重要文化財に指定されています。
函館まちあるき 元町散策地図(PDF)はこちら

goryokaku_sakura1五稜郭タワーに上って星型要塞を見下ろそう

五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に北方防備の目的で造られた日本初のフランス築城方式の星型要塞です。
幕府の海軍副総裁、榎本武揚が率いる幕府軍と明治新政府軍の最後の戦いである箱館戦争の舞台となったことでも有名です。

地上107mの五稜郭タワー展望台からは、函館山や津軽海峡、横津連峰
の山並み、五稜郭の美しい星型をぐるりと見渡すことができます。

hakodate1美しい函館の夜景に感動!

函館山からの夜景は、函館に訪れたならぜひ楽しみたい観光のひとつです。
函館は小さな港町ですが、暗い海にポッカリと浮かんだ函館の街の明かりは宝石箱をひっくり返したようにキラキラと光り輝いて、美しい夜景が眼下に広がります。

街明かりの向こうには、広大な北海道の大地が黒い影となって広がり、半島の突き出た部分に居る私たちも、確かに北海道の大地に上陸したことを実感させてくれます。
函館山へのアクセス、早わかりガイドはこちら

豊かな自然の中に佇むリゾートホテル

函館大沼プリンスホテルは、駒ヶ岳を望む大沼国定公園の中に佇むリゾートホテルです。
2015年4月に客室やレストランを全面リニューアル。函館大沼の自然が感じられる温かみのあるデザインに一新し、ハイグレードで落ち着いた雰囲気のリゾートホテルに生まれ変わっています。

hakodateonuma_princehotel2hakodateonuma_princehotel4温泉大浴場「森のゆ」は弱アルカリ性の単純泉で無色透明のお湯は柔らかく、保湿効果もあり美肌効果抜群です。池と一体となった開放感あふれる露天風呂は、このホテルならではの魅力です。
函館大沼プリンスホテルの”じゃらん”の口コミ・評判はこちら

駒ケ岳のふもとに広がる美しい景観

大沼国定公園は、函館市内からJRまたはクルマで約1時間の距離にある、広大な森と湖が広がる美しい観光地です。
夏は避暑地として、秋は紅葉の名所として、多くの観光客が訪れます。
大沼の湖畔からは湖面に映える美しい駒ヶ岳の雄姿を眺めることができます。
大沼では遊覧船に乗船しましょう。遊覧船からは大沼を取り巻く美しく雄大な自然を鑑賞できます(約30分。モーターボートなら約10分)
レンタサイクルで湖に沿って走り、大沼プリンスホテルや森林公園をめざしてもいいですね。平坦な道のりですので、女性でも大丈夫です。
大沼と小沼に浮かぶ小島には橋が渡され、周遊コースとして散策も楽しめます。
大沼国定公園の詳しい情報はこちら

togirijinyaato_sakura3桜並木のトンネルが美しい桜の名所

箱館港の開港にともない、防衛を強化するために松前藩が構築した陣屋の跡地です。
桜の見頃の5月上旬〜中旬には、ソメイヨシノやエゾヤマザクラなど約10種類、約600本の桜が咲き誇ります。
入口までの桜のトンネルは見事。
見頃の時期には陣屋桜まつりが開催され、花見を楽しむ人々でにぎわいます。

usuzan_zenkoji2石割桜などの桜の巨木が見られる名所

有珠善光寺は、江戸時代の文化元年(1804年)、徳川家斉によって蝦夷三官寺の一つに認定された歴史ある寺院です。
境内には樹齢200年を超える桜の巨木が何本もあり、その中でも有名なのが巨石を割りながら成長した石割桜です。
敷地の一番奥ばったところにひっそりと立つこの桜は現在も春には花をつけます。
このほかにもしだれ桜の巨木やヤエザクラが点在し、桜の名所としても有名です。

北海道人気NO.1の名湯「登別温泉」

登別温泉は、自然湧出量1日1万トン、源泉温度45℃~90℃の高温、そしてなんといって9種類ものバラエティ豊かな泉質が魅力の名湯です。
これは世界的にも珍しく「温泉のデパート」と呼ばれるほど。
古くは湯治場として病気、怪我の療養に利用され、近年では健康な人が心身のリフレッシュや積極的な健康づくりに温泉を利用するなど温泉の効能が見直されています。
※写真は第一滝本館の大浴場

レトロな港町「小樽」は何度訪れても魅力的!

小樽駅から海に向かってまっすぐ伸びている坂道を下っていくと、10分ほどで小樽運河に到着します。

運河に沿って観光客が見えるにぎやかな方へ歩いていくと、小樽運河の中心地、浅草橋にたどりつきます。ここからの運河の眺めはあまりにも有名で、いろいろな写真で紹介されています。

otaru_sushi1浅草橋の手前の坂を上っていくと、ホテルヴィブラントオタルなど雰囲気のあるレトロな建物が並んでいます。

旧第一銀行小樽支店やホテルヴィブラントオタルが面した交差点を左折して少し進むと、小さな川の両側にたくさんの寿司屋が並ぶ寿司屋通りに出ます。

お寿司屋さんの食べログランキングはこちら

大通公園周辺をお散歩

札幌の大通公園周辺を1~2時間散策するなら旧道庁と時計台を訪ねて、最後にスイーツを食べるプランがおすすめです。

旧道庁は「赤れんが」の愛称で親しまれている北海道庁旧本庁舎で、大通公園から北へ徒歩10分の距離にあります。
建物の内部には歴代の長官や知事の執務室や北海道の開拓の歴史資料が展示されています。
観光情報コーナーもあり、無料で見学できます。

時計台も、札幌のランドマークとして人気です。
北海道大学の前身、札幌農学校の演舞場だった建物で、明治11年に建設されました。
札幌農学校の演武場だった時計台の歴史資料や実際に使われているものと同じハワード社の時計機械が見学できます。
「こんなちっぽけなものだったの?」という感想も多いですよね。旧道庁からは東へ徒歩10分です。

時計台を見た後は、大通公園の南側にある百貨店、丸井今井本店の大通館地下2階スイーツエリアに行ってみましょう。
北菓楼、きのとや、六花亭など、北海道を代表するスイーツ菓子直営店が並んでいます。
ケーキなら、大通公園のベンチに座って食べたり、ホテルに持ち帰ってもいいですね。
ここの北菓楼のソフトクリームは地元の道産子にも人気ですよ♪
※写真はきのとやのショーケース

おすすめのホテル

このツアーでは1泊目は西大沼温泉、2泊目は登別温泉に泊まります。
onuma_princehotel5

函館大沼プリンスホテル
(1泊目)
駒ヶ岳を望む大沼国定公園の中に佇むリゾートホテル。2015年4月に客室やレストランを全面リニューアルしています。

jalan

祝いの宿 登別グランドホテル
(2泊目)
硫黄の香り漂う滝見の庭園露天や3種の泉質で温泉三昧♪バイキング会場に「スイーツ工房」完成!

jalan

daiichitakimotokan6

第一滝本館
(2泊目)
登別を代表するホテル。
登別の地獄谷から源泉掛け流し。1,500坪の広さ、35の湯船を持つ大浴場で温泉天国を満喫できます。

jalan

お得な旅行の組み立て方

【クラブツーリズム】『登別温泉5つ星の宿へ 函館・小樽・札幌 春色の北海道三都3日間』に参加します。
49,900円~149,900円
『函館・小樽・札幌 春色の北海道三都と名湯 登別温泉5つ星の宿に宿泊 3日間』
※この観光プランは、上記ツアーに参加した場合に想定される行程をプランにしてご紹介しています。
ツアーの内容は、クラブツーリズムのサイトでご確認ください。

この観光プランに似ているツアー旅行商品(東京発クラブツーリズム)


2020年1月26日