小豆島から姫路、そして城崎温泉へ 観光タクシーで巡るゆとりある旅 new hot_spring

(高松空港IN~但馬空港OUT 小豆島・姫路・城崎温泉3泊4日 )

香川県小豆島から姫路へと海で渡り、城崎温泉まで観光タクシーで巡るジャルパックの"ゆとりある旅"です。観光タクシーで小豆島の島内観光や姫路城、竹田城跡などお好きな観光プランを自由にアレンジ♪城崎温泉では、創業160年の歴史と伝統を伝える西村屋本館で温泉とカニ料理を堪能! Continue reading

お気に入り
タクシー 船 飛行機

 

この観光プランのおすすめポイント

小豆島と城崎温泉での冬のグルメを堪能!

小豆島国際ホテル
食前酒の「小豆島で採れたスモモのワイン」をはじめ、「瀬戸内小魚の煮付」「オリーブ牛の鉄板焼」「小豆島名物手延べそうめん」など小豆島の食材を使った和会席(写真右上)をご用意しました。

オリビアン小豆島 夕陽ヶ丘ホテル
お好きなお料理を選べるバイキングをご用意しています。

ホテル日航姫路
鉄板焼ステーキまたは中華料理のバイキングまたはセットメニューの中からお選びいただけます。

城崎温泉 西村屋
多くの文人にも愛された城崎温泉では、カニ料理(写真下)をご用意!
創業160年の歴史と伝統を伝える西村屋本館にて至福の時をお過ごしください。

栗林公園

国の特別名勝に指定されている文化財庭園の中で、最大の広さを持つ栗林公園は、高松藩主松平家の別邸として、歴代藩主が修築を重ね300年近く前に完成しました。
緑深い紫雲山を背景に6つの池と13の築山を巧みに配し、江戸初期の回遊式庭園として、すぐれた地割り、石組みを有し、木石の雅趣に富んでいます。
春夏秋冬と四季折々の風物にも恵まれ、ここに咲く花々は、一千本もの見事な手入れ松とともに一歩一景といわれる変化に富んだ美しさを醸し出します。
うどん県旅ネットから引用

高松でうどん店めぐり

高松といえば讃岐うどん。
コシが強くてツルリとしたのど越しのうどんを本場うどん県(香川県)で味わってみたいものです。
高松から讃岐うどん店をめぐってみましょう。
※写真(右上)はうどんバカ一代の釜玉うどん

讃岐うどんのお店はうどん県旅ネットに掲載されている高松市周辺のお店だけでも42店舗もあり、いったいどこに行けばいいのか迷うところです。
住宅街にポツンとある名店など、アクセスの不便なお店もあるので、レンタカーやタクシーで行くのか、ことでん(高松琴平電気鉄道)で行くのかによってもお店選びが違ってきます。
交通手段別で、おすすめのうどん店めぐりをご紹介します。
・琴参バスがうどんバスを運行しています。
 半日コース(平日)と1日コース(土日曜)があります。
 お手軽なねだんでラクラク移動できますので、いちばんのおすすめ!
 うどんバスの情報はこちら
・レンタカーやタクシー
 レンタカーが使えるのであれば、アクセスが不便な店や少し遠い人気店でも訪ねることができます。
 平成レンタカーのうどんめぐりを参考にしてみましょう。
・ことでんでめぐる
 高松築港駅からことでんで駅近のお店をめぐりましょう。
 ローカル線に乗れば地元の人や生活もより身近に感じられます。
 “ことでん”でコトコトさぬきうどんめぐりを参考にしてください。

エンジェルロード

エンジェルロードは潮の満ち干きによって現れたり消えたりする道で、1日2回干潮時刻を中心に前後3時間ずつ砂の道が現れます。
大切な人と手を繋いで渡ると願いを叶えてくれる「天使の散歩道」と呼ばれていて、恋人の聖地としてカップルに人気の観光スポットです。
道を見下ろす弁天島には「約束の丘展望台」があり、エンジェルロードを背景に幸せの鐘を鳴らすことができます。
エンジェルロードが現れる予想時間はこちら

道の駅 小豆島オリーブ公園

地中海を思わせるギリシャ風車が印象的な道の駅「小豆島オリーブ公園」。
瀬戸内海を見下ろす小高い丘には、約2,000本のオリーブ畑が広がっています。
また、実写版「魔女の宅急便」の撮影で使用したセットが雑貨ハーブカフェとして営業しています。
園内では、“魔法のほうき”を無料で貸してもらうことができるので、ギリシャ風車をバックに“魔法のほうき”に乗ってインスタ映えする写真を撮れます♪
道の駅 小豆島オリーブ公園の詳しい情報はこちら

岬の分教場

昭和29年に映画『二十四の瞳』のロケ地となったこの場所。明治35年に建てられ、昭和46年までの約70年間、苗羽(のうま)小学校田浦分校として使用されていました。
当時のままの机やオルガン、子供たちの作品などが残っています。
椅子に腰掛けて目を閉じると、ノスタルジックな気分に浸ることでしょう。
小豆島旅ナビより引用

醤の郷

かすかに漂う醤油の香りに包まれて、「醤の郷」を歩いてみませんか。
オススメのコースは、まるで童話に出てきそうな古き良き日本の原風景が広がる「馬木散策路」と、国内最大級の醤油蔵群が並ぶ「苗羽・醤油蔵通り散策路」。
搾りたての醤油や、醤油を使ったスイーツなど、お土産物を販売している蔵などもあるので、のんびり寄り道しながら歩いてみるのも楽しいでしょう。
※写真はマルキン醤油記念館
うどん県旅ネットより引用

白鷺城とも呼ばれる日本一美しい城

天を舞う白鷺のように見える姫路城は別名白鷺城(しらさぎじょう)ともいわれ、 建築技術の粋を極めた傑作として、1993年12月法隆寺とともに日本で初の世界文化遺産に指定されました。
大天守は、慶長14(1609)年に建築された当時のもの。400年以上が経過した現在でも、その美しい姿を残しています。
2015年3月に平成の大修理を終え、江戸初期の建築当時の美しさが復元されています。
姫路城の詳しい情報はこちら

天空の城「竹田城跡」

竹田城跡は、山城遺跡として全国でもまれな完存する遺構であり、虎が臥せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)」とも呼ばれています。
晩秋のよく晴れた早朝に朝霧が発生することがあり、但馬地方の風物詩となっています。
この雲海に包まれた姿は、まさに天空に浮かぶ城を思わせ、いつの間にか「天空の城」・「日本のマチュピチュ」とも呼ばれるようになりました。
和田山町観光協会のホームページより抜粋

出石をまち歩き

「但馬の小京都」とも呼ばれる出石(いずし)は、昔ながらの城下町の面影が残る美しい町です。
出石城や近畿最古の芝居小屋「出石永楽館」、郡役所として建造された木造擬洋風建築の「出石明治館」、酒蔵など、レトロな建物が残っています。
また、出石焼の小皿に盛りつけた皿そばを何枚も食べる「出石そば」が食べられる蕎麦屋もたくさんあります。
出石の観光情報はこちら(城下町出石公式観光ガイド)

浴衣で外湯めぐりへそぞろ歩き

兵庫県の但馬地方にある城崎(きのさき)温泉は、1,300年の歴史をもつ名湯です。
大谿(おおたに)川沿いに温泉街が建ち並び、大きな柳の木と川に架かるたくさんの橋が城崎ならではの風情をつくりだしています。
城崎温泉は、外湯めぐり発祥の地。
昔から城崎の人々は、宿を客間、道を廊下として、湯治に訪れた人々を町全体でもてなしました。
この精神は今でも変わらず息づいています。
宿についたら浴衣に着がえ、ゲタを鳴らして気軽に外湯めぐりやお買いものに出かけましょう。

おすすめのホテル

このツアーで宿泊するホテルをご紹介します

小豆島国際ホテル
(1泊目)
エンジェルロードまで徒歩1分の最短距離!、ロビーや客室から美しい瀬戸内海とエンジェルロードが一望できる最高のロケーション。

jalan

ホテル日航姫路
(2泊目)
JR姫路駅より徒歩1分の立地。高評価の朝食で「姫路の朝ごはん」をお楽しみください。

jalan

城崎温泉 西村屋本館
(3泊目)
風格の中にも温かいおもてなしの心が息づく老舗旅館。お部屋でいただく季節感あふれる会席料理の数々は一箸ごとに心が躍ります。
jalan

小豆島 その他宿泊情報をじゃらんでさがす

お得な旅行の組み立て方

【JALパック】小豆島から姫路、そして城崎温泉へ
香川県小豆島から姫路へと海で渡り、城崎温泉まで観光タクシーで巡るゆとりある旅!
陸路の移動はお客さまごとの観光タクシーをご用意!
小豆島と城崎温泉での冬のグルメを堪能!
お申込み・詳しい情報はこちら↓↓↓

※この観光プランは、上記ツアーに参加した場合に想定される行程をプランにしてご紹介しています。
ツアーの内容は、ジャルパックのサイトでご確認ください。