星野リゾートBEB5沖縄瀬良垣&OMO5那覇に宿泊!うきうき沖縄 tour

(【羽田発】沖縄本島 瀬良垣・那覇2泊3日)

JALで行く!人気スポットを巡る!うきうき沖縄3日間。星野リゾート BEB5沖縄瀬良垣とOMO5沖縄那覇に宿泊してバスで沖縄本島を観光するHISのツアーです。沖縄美ら海水族館や備瀬のフクギ並木のほか、海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」にも立ち寄ります。 Continue reading

お気に入り
バス 飛行機

 

この観光プランのおすすめポイント

瀬長島ウミカジテラス

瀬長島ウミカジテラスは、那覇空港から車で約15分の瀬長島西海岸に隣接した傾斜地に展開する商業施設です。
2015年夏、沖縄・那覇空港近くの瀬長島に癒しと感動のアイランドリゾートが誕生しました。
沖縄ならではの果物・野菜、地産メニューを中心にしたグルメ・スイーツショップ、Made in OKINAWAのジュエリーやクラフトショップが絶好のロケーションと融合する、沖縄の新しい観光・ショッピングスポットです。
瀬長島ウミカジテラスのホームページはこちら

chatan_mihama_americanvillageアメリカンテイストいっぱいのショッピングエリア

宜野湾市の北に位置する北谷(ちゃたん)町には、アメリカ西海岸をモチーフにしたショッピングエリア「美浜(みはま)アメリカンビレッジ」があります。
オリジナルデザインのTシャツやパワーストーン、ビーチグッズや雑貨などが個性的なお店で売られています。
レストランやカフェも充実。
タコライスや沖縄県産のトロピカルフルーツのジュースバーなどのファストフード店からステーキや寿司店まで沖縄らしいグルメがいっぱいです。

レッドロブスター

サンセットビーチの空と海が夕焼けに染まる様子を眺めながら、本格シーフードが味わえるレストラン。
バーを併設した開放感あふれるテラスなど、遊び心のある大人の空間が広がります。
ロブスター、オイスター、カニ、ステーキなど、世界各国から仕入れた食材を用意。
全米№1シーフードレストランならではの料理がリゾート気分を盛り上げます。
レッドロブスター沖縄北谷店のホームページはこちら

星野リゾートBEB5沖縄瀬良垣

2022年7月、沖縄恩納村の万座ビーチのすぐそばにオープンした星野リゾートBEB5沖縄瀬良垣のコンセプトは「よんな~ちゅライフ」。
沖縄の方言で「ゆっくり、のんびり、美しい時間を過ごしてほしい」という意味。
ホテルのパブリックスペース「TAMARIBA」は24時間オープン!
ボードゲーム、カードゲームが用意され、宿泊者が好きなときに気軽にくつろげます。
客室は全部屋にキッチン・大型冷蔵庫・洗濯乾燥機・バルコニーが付いたコンドミニアムタイプ。
リーズナブルな価格でゆっくり滞在できます。
カフェでは窯焼きピッツァやジェラートも楽しめます♪
徒歩で行ける万座ビーチは夏(7月~9月)は施設使用料500円を払えばビーチを利用できます。
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのアクティビティ(有料)でも遊べちゃう!

星野リゾートBEB5沖縄瀬良垣の近くには、人気のパニーニ屋さん「PANINO&COFFEE PALLET」やハワイの人気ローカルフード『フリフリチキン』の専門店「ハワイアンローストチキン マヒマヒ」のほか、おしゃれなカフェも点在していて、沖縄のリゾートライフを満喫できます。
星野リゾートBEB5沖縄瀬良垣のホームページはこちら

churaumi_suizokukan3ダイナミックな沖縄の海が目の前に!

沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館は、沖縄北部の海洋博公園にある人気スポットです。「沖縄の海との出会い」をテーマに、サンゴ礁の浅瀬から深海まで沖縄の海を体感できる世界最大級の水族館です。
見どころは、ジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ「黒潮の海」(写真)。この巨大水槽のアクリルパネルは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm もあります。全長8mものジンベエザメが、たくさんの魚たちを連れて目の前を泳ぐ姿は感動的です。

「黒潮の海」の大水槽前では、1日4回の水槽解説があり、ジンベエザメや他の魚たちについて紹介してくれます。
また、15時と17時はジンベエザメの餌やりタイムで、ジンベエザメがカラダを垂直にして水面近くの餌を飲み込む姿を見ることができます。
沖縄美ら海水族館のホームページはこちら

昔ながらの沖縄の風景が残るフクギ並木

備瀬のフクギ並木は、沖縄美ら海水族館から車で約5分ほど、伊江島を臨む備瀬の海岸線沿いにあります。
約2万本のフクギの木がトンネルのように立ち並び、集落を広く覆っています。
古いものだと樹齢300年以上、フクギは防風林の役割を果たし、台風から集落を守り続けてきました。
時間がゆっくりと流れているかのように感じる「備瀬のフクギ並木」は、普段都会であわただしい日々を過ごしている人を優しく迎えてくれる、癒しに満ちた空間。
フクギ並木には散策のための順路がありますが、実は順路から少し外れるとさらに綺麗な海を望むことができます。
海に出るとそこに広がるのはまさに絶景。
エメラルド色の海と、その先には伊江島が望め、海沿いの散策路を進むことができます。
海沿いの散策路は、水族館近くのエメラルドビーチ脇から集落奥の備瀬崎までつながっています。
エメラルド色の海を見ながら往来できる木漏れ日の散策路で、その途中には休憩できるベンチもあります。

フクギ並木の代表的なカフェといえば、「cafe CAHAYA BULAN」。
さわやかなウッドデッキ席からは、エメラルドグリーンの水平線と伊江島を眺めることができます。
メニューは沖縄ならではのフルーツを使ったスムージーや、アジアンティーなど。
お散歩を楽しんだ後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

チャハヤブラン
沖縄県国頭郡本部町備瀬429-1
営業時間 12:00〜ラストオーダーは日没
定休日 水・木曜日(7から9月は水曜のみ)
tel 0980(51)6565

星野リゾート バンタカフェ

バンタカフェは、ゆるやかに流れるイノーの景色とともにのんびりとした時間を楽しむ、入り江の特等席です。
沖縄の⽅⾔で、⿂の影を⾒つけるために登る崖を「イユミーバンタ(⿂を⾒る崖)」と呼び、海に面したイユミーバンタの上にカフェが立つことから、「バンタカフェ」と名付けられました。

少し高さのある崖の上からは、どこまでも広がる水平線を一望でき、崖の下に降りればすぐに波が足元に迫る臨場感を楽しめます。
水平線を臨む崖の上や浜辺へと続く崖の斜面、植物に囲まれた岩陰など、自然海岸の地形を活かした場所に個性豊かな4つのエリアがあります。
散策をしながら気ままに巡り、その日の気分で見つけたお気に入りの場所で過ごせます。
星野リゾート バンタカフェのホームページはこちら

裏国際通りさんぽ

「ご近所ガイドOMO レンジャー」と、那覇観光の定番である国際通りから少し離れた、迷路のように入り組んだ商店街、通称裏国際通りを巡るツアーです。
街の心あたたかなご近所さんとの出会いや、商店街の古き良きスポット巡りを楽しめます。
今まで知らなかった那覇の魅力に、より深く触れることができます。
OMO5沖縄那覇のホームページはこちら

okinawa_whalewatch1この時期ならではの貴重な体験

ホエールウォッチングは、12月下旬~4月上旬の期間限定で楽しめる、沖縄の冬を代表する人気アクティビティです。
シベリア海域に生息しているザトウクジラは、冬場のこのシーズンに、出産と子育てのために沖縄のあたたかい海にやってきます。
野生のクジラの迫力ある姿を目の前で見ることができたときの感動は、きっと忘れられない思い出になるでしょう。

那覇の港から出航するホエールウォッチングツアーはいくつかありますので、各ツアーのセールスポイントを吟味して選ぶと良いでしょう。
いずれも那覇市内のホテルから送迎してくれますので、送迎も事前に頼んでおきましょう。
ホエールウォッチングツアーの情報はこちら

おすすめのホテル

このツアーで泊まるホテルをご紹介します。
るるぶ・じゃらんからお得なプランを見つけて予約→支払いは現地で。

星野リゾートBEB5沖縄瀬良垣
(1泊目)
屋内外にひろがるラウンジと、開放感あふれるプールが特徴のルーズなホテル。全部屋にキッチン・大型冷蔵庫・洗濯乾燥機・バルコニー付きで、ビーチ送迎もバッチリ!

↓宿泊情報とご予約はこちら↓
jalan

OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート
(2泊目)
ちむどんどん(心弾む)な那覇が満載のガイドツアーやおすすめ飲食店など、ここでしか手に入らない情報が満載。ゆったりと過ごせるOMOベースで那覇街歩きの作戦会議はいかがでしょう。

お得な旅行の組み立て方

【HIS羽田発】「星野リゾートBEB5沖縄瀬良垣」&「OMO5沖縄那覇by星野リゾート」に宿泊!人気スポットを巡る!うきうき沖縄3日間
レンタカーがなくてもらくらく観光!沖縄の人気観光地へご案内!
最終日は復路便のお時間まで思い思いにお楽しみください
出発日 2022/12/12 ~ 2023/03/16(特定日)
お申込み・詳しい情報はこちら↓↓↓

【HIS】出発までのコロナ感染による取消料をHISが全額負担!
2月3日(金)予約分まで。詳しい情報はこちら↓↓↓